Campfire Audio Jupiter + ALO SXC 8

 
 UE 18 Proを買ったのが2010年7月で、気がついたら5年以上も経過していました。だからというわけではありませんが、しばらくぶりのイヤホンとしてCampfire Audioの「Jupiter」を買ってみました。ケーブルのALOから派生したブランドということもあり、せっかくなのでALOの「SXC 8 Earphone Cable – MMCX – 3.5mm」(2015年4月のマイナーチェンジ前のモデル)も一緒に買って合わせてみました。

 Campfire Audioについては、日本ローンチのかなり前ですが、最終に近いOrionのプロトタイプを試聴する機会があり、BAのシングルドライバーでも幅広い帯域をカバーした、非常に明瞭な音に驚いたという経験がありました。Jupiterは2ウェイ4ドライバーで構成はハイエンド寄りですが、Campfire Audioの目指す音というのがなんとなく見えていたので、具体的な製品が発表されてからも注目していました。
 



“Campfire Audio Jupiter + ALO SXC 8″の続きを読む

HD650最終形態

 


 
 HD800に踏み切れないアナタとワタシのために「ALO SXC Cryo 18awg Sennheiser Headphone Cable」を買ってみました。というのは半分冗談ですが、短い間とはいえ自分のソースでHD800を試聴した限りでは、HD800はHD650の延長線上にあると感じたので、HD650を最強に強めればあるいはもしや? みたいに都合よくイクわけはないでしょうけども、まぁ最後の悪あがきということでHD650最終形態としてALOの「SXC Cryo 18awg」を購入してみようとなったわけです。長さは8フィートで、標準の(1/4)ステレオプラグ仕様を注文しました。

 使い始めて感じたのは「これはワタシの手に負えない」ということでしょうか。いきなり敗北宣言ですが、なんかすごい! でも詳しくワカラナイ!っという感じだったので、ふわふわとイメージが浮かぶたびにメモをするだけにしました。要約すると、「ライブに来たような空気感」「すべての音が埋もれずに聞こえる」「音というより“演奏”」「楽器それぞれの存在感が段違い」といったもので、目を閉じると演奏している空間に頭だけ突っ込んだような感覚に陥ることも。生音系は圧倒的な表現力で、そこに楽器と演奏者がいるというような存在感が感じられます。

 低音域がどうとか、そういうのは書くまでもなく(?)、低中高からボーカルの重み、艶、管弦楽の芯のある綺麗な伸び、背景の黒さ、シャープさなど、およそワタシが考えつく稚拙な視点はどれも非常に満足できるレベルで、それ以上というか、プラスアルファの雰囲気、空気感に近いものが伝わってくるのがすごいと思いました。また、最初はショボ目の録音のソースを再生することがためらわれたのですが、思ったよりもアラが出ない感じでマイルドに仕上げられる印象です。

 ややネガティブ傾向のイメージとしては、HD650自体の仕様から、頭内の定位などはこれまでと大きく変わりません。より空間が広く、明確になり、位置関係もつかみやすくなるなどの違いはありますが、S-LOGICのように根本的に覆されるようなことはありません。あと、ケーブルはゴワゴワして柔軟性はあまり無いので、そういうところを重視する人は注意する必要があると思います。

 HD650の素のキャラクターというものを私は知らないのですが、HD800にフラッグシップを譲った今だからこそ、大人気ないまでに高まったディテール描写と空気感にあふれたこの最終形態がより痛快に感じるのかもしれません。もっとも、このケーブルにはHD800用もありますが……。
 

 

 
 構成は、PC→(USB)→DLIII→(SAECバランス)→GCHA→(SXC Cryo 18awg)→HD650 です。PCではiTunesのALACをfoobar2000で再生しています。ソースは、「ラスマス・フェイバー・プレゼンツ・プラチナ・ジャズ ~アニメ・スタンダード Vol.1~」「エヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナル サウンド トラック SPECIAL EDITION」「トップをねらえ2! ORIGINAL SOUNDTRACK」「牧野由依 天球の音楽」「牧野由依 マキノユイ。」など。ラスマス・フェイバーのアニソン・ジャズカバーは、演奏・録音ともに完全にジャズのCDで、今回のHD650最終形態にぴったりのソースでした。収録中の模様はYouTubeでも見られます。エヴァ破もダイナミックで鬼気迫る録音の数々に引き込まれます。

 HD650は購入直後から付属のケーブルは使わず、HeadRoomで売っているカルダスのゼンハイザー用ケーブルを使っていました。こちらとの比較も考えたのですが、そういや装着するとき固かったなぁなどと思い出しながらケーブルを本体から外していたところ、左のケーブルがどうにも外れず、最終的にHD650の本体に挿す側のプラグから先端の金属端子だけが抜ける(端子だけ本体に残る)という事態にうそーんと戦慄したものの、残った端子はふつうに抜け、本体側には目立ったダメージは無い様子で一安心だったのですが、カルダスのケーブルは使えなくなってしまいました(笑)。ステレオミニプラグだし再びHD25で使おうと思っていたのですが……(※その後の再利用はコチラ)。 以上のような理由で直接的にデフォルトのケーブル、これまでのケーブルと比較しておりませんのであしからず。

届くまで
 ちなみに今回の感想は届いた直後ではなくしばらく使ってみた後のものなのですが、購入時の流れも少し。国内でもミックスウェーブが輸入代理店として各店に卸していますが、11月末の1ドル90円を割り込む円高を受け、個人輸入で購入しました。ALOのWebサイトから直接購入し、決済はPayPalではなくサイトに用意されている独自のものを使いました。住所入力時に7桁の郵便番号のハイフン( – )が抜けているとエラーになるという点に気づくまでしばらくトライアンドエラーが続きましたが、それ以外はとくに難しいこともないと思います。製品紹介ページにプラグ形状を指定しろみたいなことが書いてあったので、通信欄に1/4プラグでおねげーしますと英語で加えました。

 11月28日午前3時頃に注文を完了し、ちょうど24時間後ぐらいに出荷通知とUSPSのトラッキングナンバーが送られてきました。自宅への到着は12月4日で、滞りなく届いたようです。ちなみにALOのKenさんからは、12月6日に「もうケーブル届いた?」って内容の一言だけのメールがきました(笑)。冒頭の写真のカット違いを送って届いたことを伝えました。同じ日にはALOのユーザー向けに「これから旅行に行くからしばらくメールの確認ぐらいだぞ」みたいなメールが来ていたので、旅行前に発送関連のトラブルが無いのを確認しておきたかったのかもしれません。

 
 ケーブルの交換ができるヘッドホンにはバランス化など別軸の進化も用意されていますが、ひとまずアンバランスで環境構築している人にとっては、HD650のひとつの到達地点として今回の「SXC Cryo 18awg」を候補に入れてもいいかと思います。
 

ALO Cryo SXC 18G

 クライオだお! と何人が言ったか知りませんが、しょーこりもなくALOのDockケーブル「ALO Cryo SXC 18G」買ってしまいました。フジヤの店員によれば、フジヤはALOの取り扱いをまもなく終了するとのことで、すでにDockケーブルの店頭在庫は無かったこともあり、今回はアキバのダイナ5555で買いました。製品として以前と違うのは、パッケージに入った状態ですでに曲げクセが付けてあることでしょうか(笑)。
 


 
 約5カ月前の7月にフジヤエービックで「ALO OCC Cryo 22awg」を買ったわけですが、コスト的な点で前回買ったのが上・中・下の「下」だとすると、今回のは「上」ですね。上から順に、「ALO Cryo SXC 18G」「ALO Cryo SXC 22G」「ALO OCC Cryo 22awg」です。18だ22だのというのは線材の太さで、18のほうが太いです。「SXC」の見た目が銀色なのは銀被膜のせいで、線材はいずれも銅です。「Cryo」は極低温処理を施すクライオ処理のことです。
 

 
 前回も書いていますが、2006年11月にALOの「The Jumbo Dock」を買って以来ALOのDockケーブルを愛用しており、2009年7月に「ALO OCC Cryo 22awg」に替えました。で、今回買い替えたのは正直、音とはちょっと関係無いキッカケでして、結論から言うと「ALO OCC Cryo 22awg」のステレオミニプラグがボロボロになったからです。このテの指摘は慎重に行いところですが、買った時からそうだったのかはちょっと分からず、見落としていた可能性もありますが、少なくとも使い始めて数日で現在のようなメッキの剥がれが発生していたので、個人的には不良品をつかんだ、と認識しています。SR-71Aのジャックがキツめであると考えることも出来ますが、それにしてもあっさりと剥がれすぎです。買った店に持っていって交換とかの交渉をしなかったのは……まぁメンドクサイからですかね……。今回買ったブツも、慎重に取り扱う必要がありそうです。

 ただ、イベントや店頭デモでALOの現行のDockケーブルを何度か見る機会があったのですが、ぶっちゃけこのDockケーブルに使われているSwichcraftのプラグは品質的に微妙じゃないですか? と。微妙さを音質の変化で言い表せないところが悔しいのですが、表面処理は平滑度に乏しくヘアラインが残った荒い感じですし、絶縁リングの処理もガタガタです。前述のイベントなどでは、デモ用ケーブルで私のものと同様にメッキが剥がれかけているものも見受けられました。Dockケーブルとして本国で195ドル、日本で約2万5000円とかするわりには(少なくとも見た目は)お粗末なプラグです。Swichcraftがショボいのか、Swichcraftの中でもショボいプラグを採用したのか定かではありませんが、ちょっと残念な部分です。「The Jumbo Dock」に使われていたカナレ電気のステレオミニプラグ(F-12)は平日毎日、3年近く使ってもピカピカのままで、現役で使用していた頃も表面が酸化で黒ずむといったことはありませんでした。ことモバイル環境では温度・湿度の変化、抜き差しの頻度などキビシイ使用環境になりがちで、金メッキというだけで工作精度の低いプラグよりカナレのプラグの驚くべき耐久性に魅力を感じるのですが、どーでしょうか。
 

 

 
 で、買い直しする際にはメッキ剥がれを恐れ、イチルの望みをかけ「ALO OCC Cryo 22awg」とは違うメッキになっている「ALO Cryo SXC 18G」を選んだ、というが直接の理由です。「中」の「ALO Cryo SXC 22G」だと、プラグは「ALO OCC Cryo 22awg」と同じですからね。

 音質については、ちょっと難しいですね……とっかえひっかえ交換すると差は見えてきますが、少なくとも使い始めの今の段階ではハッとさせられる程の差は感じられません。強いて言うなら、18Gでは全体的にわずかに明瞭度が上がり、低~中音域ではより分離と制動が進んだように感じられます。傾向・方向性はほぼ同じで、銅の厚みと銀の鋭さを兼ね備えた、いいとこ取りの内容です。私はイヤホンのケーブルを銀線に交換しているので、ソースによってはやや高音域が過多になりますが、金属的で刺激的なキツさは抑えられていると思います。一カ月後ぐらいなら、もう少し差が分かりやすくなっているかもしれません。楽曲データはALACで、構成はiPod nano(3G)→[今回のブツ]→SR-71A→Null Audio Lune Silver→triple.fi 10 Pro です。

 今回はアコースティックから打ち込み系、電波系(!)までソースを何曲かに固定して聴いたので、個人的な録音評価順に曲をメモっときます。ハナレグミ「音タイム」音タイム、坂本真綾「かぜよみ」ピーナッツ、榊原ゆい「JOKER」Get Love Power、baker「filmstock」celluloid、平野綾「スピード☆スター」Super Driver、アーティスト「アルバム名」曲名、です。チラ裏すんません。
 

ALO OCC Cryo 22awg

 
 ミックスウェーブでALO audio製品取り扱いが開始され、フジヤエービックに入荷したので、3種類入荷したDockケーブルから銅線らしい効果が得られそうな「ALO OCC Cryo 22awg」を買ってきました。価格は本国の値段に送料分を加えたぐらいで、個人輸入で買う場合とあまり変わらないと思います。個人的には、ALOのDockケーブルはヘッドホンアンプを使い始めてしばらくしてからはずっと使ってきたので、ALO製品が中野の店頭で買えるという点だけでも嬉しかったりします。
 

  

 
 これまでDockケーブルは、ALOの「The Jumbo Dock」を2006年11月に購入して以来、ずっと使ってきました。銀線と綿を使用したケーブルで、ノイズを抑えた背景や高い解像度、繊細で鋭敏な高域と、銀線らしい特徴で活躍してくれました。

 最近はイヤホン側でtriple.fi 10 Pro用の交換ケーブル「Null Audio Lune Silver」を使用し、10 Pro本体にしても大まかな得意分野は低>高>中域の順なので、2つのケーブルカ所がどちらも銀線ということで、ソースによっては高域過多な傾向も。そこで、Dockケーブルを銅線にすることでちょっと中域を盛り上げて万能型に近づけてみようというのが今回の意図です。製品グレード的にはJumbo Dockとあまり変わらないと思いますが、全体のクライオ処理や6N(純度99.99998%)の銅線など、時間分の進化に期待したいところです。ミニプラグはSwitchcraftのニッケルメッキプラグですが、Jumbo Dockに付いていたカナレのミニプラグ(F-12)と同等でしょうか。ぶっちゃけこのSwitchcraftの端子表面はちょっと汚くて、カナレのほうが印象はいいのですが……。

 ちなみにカナレのニッケルメッキミニプラグは、2006年末に入手してから平日毎日出動してましたが、バリバリとノイズがほとばしるような酸化も起こらず、かなりの耐久度だと思います。逆に後半は「SR-71」のジャックの酸化を取るのが数週間に1度の定期作業になっていました。「SR-71A」でのジャックの強化もそうですが、ポータブル系製品は(オーディオ製品には劣悪)な環境に対する耐久度も重視したいところです。

 下の写真で曲がっている黒いケーブルのほうがJumbo Dockです。Dock端子はJumbo Dockの時代ではラインアウトに使う3点のみの結線でしたが、最近のiPhoneに対応する世代では多数のピンに結線します。なお、iPhoneでは接続すると警告が表示されるものの、そのまま使えるとパッケージに書いてありました(私はiPhone持ってませんので)。
 

  

 
 銅線の印象というか、数少ない経験では、カルダスのヘッドホンケーブルで2週間にわたり音が変化していくという経験をしているので、使い始めた直後のイメージはそれほど意味がないかもしれません。ちなみにカルダスのケーブルは、例えば高域で、ねむたい高域→きつい高域→ベストな高域、という上下運動を経て落ち着きました(笑)。

 ほぼJumbo Dockしか使ってこなかったので、それとの比較になりますが、解像度や音の広がりはほぼ変わらず、ダウングレードしたような印象ではないのでひとまず安心しました。銅線としてかなりレベルの高い解像度や明瞭感だと思われ、低域の深さも十分にある印象です。高域は、今のところこれまでの組み合わせより少し抑えられているので、ある程度狙った効果が得られそうな手応えです。中域はウォームというか濃密なイメージで、低めのボーカルからベースのあたりはこれまでよりも中身が詰まって膨らんで聞こえます。やや抑えが効いてない印象でもありますが、これまで少し物足りなかった層でもあるので、盛り上がりはそのままにうまく輪郭が整うといい具合になるのかもしれません。

 性急な判断は禁物といきたいところですが、なんとなくの傾向は考えていたものに近いようなので、いろいろなソースでじっくりと試していこうと思います。