ワンダーオリジナル 2 – WF2014S

ReplyFrom... 「銀腕のナザ」
 
 7月27日に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2014夏」(WF2014S)に参加してきました。2月9日に開催された前回の「ワンダーフェスティバル2014冬」は、前日の大雪の影響で開催にも大きな影響が出ましたが、今回は季節柄の猛暑という以外は、ゲリラ豪雨が夕方あったぐらいで特に大きな混乱もなく終わったのではないかと思います。

 前回のワンフェスは出展側も遅れるところが多数ありましたが、ただ参加するだけの私も正午をまわってからの会場への到着となり、オリジナル作品に的を絞ってもなお時間が大幅に足りませんでした。そうした意味では今回はちょっとしたリベンジのような心持ちで臨んだのもまた確か。8時半ごろに待機列に並び、10時30分の少し前には会場に入場できました。

“ワンダーオリジナル 2 – WF2014S” の続きを読む

ワンダーオリジナル – WF2014W

N.S.F 「グラディエーター娘」(原型:clone09)

 2月9日に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2014 冬」に行ってきました。2月8日の大雪の影響が残る中、出展者側にも来られない、遅れるといった影響が出ましたが、なんとか無事に終えられたようです。

 今回ですが、以前からもっとしっかりと見てみたいと思っていたアマチュアディーラーのオリジナル作品に的を絞り、写真を撮影してみました。ワンフェスは元々一人で網羅できる規模ではありませんから、あれもこれもと追いかけていると時間が足りません。さらに今回は私の到着時間が遅れたこともあり、実際に歩いてまわれたのはアマチュアディーラーのエリアの9割程度、そのうち早期撤収や大雪で来られなかったディーラー、単純に見逃したディーラーなどを含めると、見られたのはアマチュアディーラーの6~7割という推測です。その足でまわった中から、個人的に気になったオリジナル作品をいくつか撮影させてもらったという形です。

 以下のリンクは、Smugmugにアップロードした写真です。キャプションにディーラー名、作品名も入れています。本記事でも抜粋して、後半で紹介しています。

 → ワンダーフェスティバル 2014冬 (オリジナル) (147枚)
 → ワンダーフェスティバル 2014冬 (版権そのほか、少量)(44枚)

 なるべくオリジナル作品に時間を割きたかったので、版権モノなどは、「これは素通りできない!」という(要するに贔屓のタイトルの)ものだけ撮影しました。時間の都合で18Kブースと企業ブースは手付かずのまま閉会時間を迎え、企業ブースについては撤収準備が始まる中で2カ所ほど見ただけになりました。艦これ、ガルパン、ラブライブなどは基本的に撮影していませんのでのあしからず……。

 ちなみに、ちゃんと少しだけ買いまして(笑)、お札の数を勘違いしていて途中で資金不足になりましたが、戦利品は以下のような感じでした。「んどぱら屋初代組」さんの「1/35 ソラノミナ37 ダイナタック1200cc」(冊子付きでした)、「TTToy」さんの「Ma.K ノコノコラプター」、「はるきこーぽれーしょん」さんのガイコツ(の一番小さいの)、の3点です。パルトのダイナタック以外はわりとその場のノリで買ってしまいました。主に自分が原因で買えなかったのは「POLY-TOYS」さんの「1/35 夏の風物」、企業ブースではモデルカステンのJKシリーズ、アオシマのあおこのソフビあたりです。

WF2014冬で買ってきたもの
WF2014冬で買ってきたもの

 

ハイライト

 撮影できた中から個人的なハイライトを挙げるなら、ディーラー「N.S.F」さんの 「グラディエーター娘」(原型clone09)と、ディーラー「CREA MODE」さんの「MERINA」(メリナ)です。

N.S.F 「グラディエーター娘」(原型:clone09)

 「グラディエーター娘」は、グラビア立ちのように腰や体幹にしっかりと表現が加えられ、大胆な露出度の体と骨格が強調されながらも、顔の大きさや配色はアニメ的な目になじみのあるバランスで、写実とアニメの微妙なブレンド具合が魅力的でした。剣闘士というモチーフに対し、足や手のパーツの近未来的なアプローチも同様に二面性があり、世界観にも興味が湧いてきます。猫耳と見せかけて実はそうではない、というのも面白いですね。

 
CREA MODE 「MERINA」

CREA MODE 「MERINA」

 CREA MODEさんの「MERINA」と新作の「Madonna Lily」は、異なる配色の2つがそれぞれ展示されていましたが、展示された「MERINA」は割りととんでもない存在感で、腰に手を当てた堂々した佇まいや意志の強さを感じさせる瞳(とメイク)に非常に惹きつけられるものがありました。配色やデザイン、細かなディテールへのこだわりが全身にまんべんなくあり、対してフラットなエリアである足やおでこが女性キャラクターの魅力として一層引き立てられ、高度にバランスされているように感じました。こうしたことからか、冷静に考えるとやや謎なポーズ(キャットウォーク?)も、不思議と説得力を感じてしまいます。

 続きは、上記Smugmugにアップロードした写真から抜粋したものです。

“ワンダーオリジナル – WF2014W” の続きを読む

WF2013冬と境界線上のホライゾン

RAMPAGE Ghost
エル・アゾゥル / RAMPAGE Ghost (原型:柳生圭太)

 「ワンダーフェスティバル 2013 冬」に行ってみました。幕張に移る少し前から足が遠のいていたので久しぶりのワンフェスです。カメラはD600+Micro-Nikkor 60mm F2.8Dで、フラッシュは持って行きませんでしたし、内蔵も使いませんでした。手振れが散見されるのは勘弁してください(笑)。2400万画素に助けられるカットもあれば、ブレが目立ってしまうカットもありなんとも試される結果になっています。

 今回のワンフェスはカメラの目的もありますが、なにかテーマを決めないとウロウロして終わりになるので、アマチュアディーラーについては事前に情報が入手できた「境界線上のホライゾン」関連の出展に的を絞ることにし、その合間にほかに目についたものを撮っていきました。企業ブースはあんまりチェックしていなかったので、当日ぐるっと回って目につたものを、って感じで、要するに基本は適当な感じです。

 ファイブスター物語、ゴティックメード関連は予想通り当日版権が下りていないようでパーマネントの製品以外はナシ。というかファイブスター関連は版権が下りていると一箇所に集めて展示されるのがこれまでの常なので、それが無かったわけです。

 もひとつ期待していたのは英雄戦姫関連だったのですが、こちらもアマチュアディーラーでは全然見かけませんでした。調べてないので、そもそも存在するかどうか知らなかったのですが、ざっと回った感じでは巡り合いませんでした(※実際にはけっこうあったみたいです)。企業ブースでは、グッスマブースにGiftの発売済み2013年発売のアーサー(下の写真)、そしてキューズQのブースに新シリーズ第1弾として製作中のパーシヴァルが無塗装で展示されていました。英雄戦姫GOLDをベースにした(?)アーサーがグリフォンエンタープライズで製作中であることも明らかにされたようです。

「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift
「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift

 全部で90枚以上とかになってしまったので、「続きを読む」の先で掲載します。

“WF2013冬と境界線上のホライゾン” の続きを読む