HD650

 「いつかは欲しいものリスト」なんてのがナニかの拍子に耳から脳汁と一緒に出てきたりするのですが、さらにうっかり勝手に盛り上がってしまい、ゼンハイザーの「HD650」を買ってしまったようです。

 盛り上がったキッカケは別の機会にゆずるとして、こちらのHD650は我が家のヘッドホン開祖であらせられます「STAX Classic System II」(SR-303+SRM313)以来の超ドレッドノート級ゲルマンアイテムとして飛来したヘッドホンとなるわけでして、お家でちゃんとしたオープンエア型ダイナミックヘッドホンを楽しみたいよぅという主にフツーの理由から召喚されました。間違っても高祖STAX様がちゃんとしていないということではなく、ノーマルな運用ができるヘッドホンの範疇で、ということです。STAXは列車砲かヤシマ作戦の陽電子砲かといった塩梅なので。やたらと繊細な兵器ですけど。密閉型では同じくゼンハイザーの「HD25」をすでに持っていますが、まぁオープンエア型も欲しかったのと、部屋の中で密閉型だと電話とか余裕でスルーするという微妙に切実な問題もあったり……ま、電話とかメッタにかかってこないけどね☆

 内容は今更書くまでもなく、ゼンハイザーのトップエンドでオープンエア型の名機、リファレンスとして評価が定着していると思われますが、何より買ったばっかりで音が馴染むまでは書くのがはばかられるというオーディオにありがちなアンビヴァレントな時期であったりします。鳴らし始めでも程よく締まって沈む低音域、艶めかしい中音域、今は少しマスクされているものの素性の良さそうな高音域、と期待通りの雰囲気です。特定音域の特化ではなくディティールをしっかりと描いた上でものすごくバランス型な気がします。幸い、慣らし運転中の機器がもうひとつあるので、それと同じ時間慣らせば程よい頃合いになると思われます。

 写真に写っているケーブルについては補足が必要で、標準(ストック)のケーブルは箱から取り出すと同時に取り外し、水色といってもLANケーブルではなく、HD25で使用していたカルダスのケーブルに交換しています。プラグ部分は形状からカナレだと思います。外出用として1.2m+ミニプラグバージョンを輸入したのですが、現在はフジヤエービックなど国内でも、標準プラグバージョンがたまに入荷しているようです。

雷電IV

 せっかくXbox 360用のジョイスティックが我が家にやってきたので、10月2日発売の「雷電IV」を買ってみました。例によって強烈な思い入れがあるかと言われればあまりないワケで、スパスパとプレイできるほど上手いかと問われればあまりできないワケですが、そういや中学生の頃に片道1時間とかかけて自転車で出かけた隣町の、24時間営業のカップラーメンとか売ってる自動販売機(取り出し口にある割り箸はすげー短い)だけの店のゲームコーナーで雷電をプレイした記憶があるのですが、同じ場所にあった「野球拳」の印象が強いせいでその雷電のバージョンは憶えてません。たぶん「雷電II」でしょうけど。

 で、雷電IVの極超ファーストインプレッションは弾幕と自機狙い弾が程よく混ざって好印象なかんじ。この程度の弾幕なら余裕でイケる! とか思ってると脇からの高速弾で即死したりします。まとわりつき、なぎはらえ、の2種類のレーザーの使いこなしとかも楽しそうです。爆発やボムなどSE系の音が左側からしか聞こえないのは今のところ意味がわからないのですが、ダウンロード購入の機体も用意されていることですし地味に遊べそうですよ。

 しかしながらこれはもうXboxのすべてのディスクタイトルに言えますけど、現在のユーザーエクスペリエンスというかディスクエクスペリエンスがありえないデシベル体験なのでマジで秋のアップデートでHDDインストールが実装されるまで温存しておきたいというのが正直なところ。温存→死蔵という流れが今まさに予見されたわけですが、新鮮味命じゃない保存に適したスルメタイトルの入手を心がけたいものです。

Afterdotは御崎かるらクン(17)を応援しています。

 
 すごく…いい…おデこです……と言いながら何人があーやのことを思い出していたかは分かりませんが、第三親等クラスのお知り合いまでさかのぼれば本丸にたどり着くと思われるクラスのお知り合いが「學藝會」として2008年の冬コミに初参加すべくコミックを制作しているというのでこのオプーナインターネットの海の深淵の片隅でこっそり応援していることを声高に宣言すべく紹介させていただきたいと思います。

 現在分かっているスペックは、タイトルが「片面/尼僧!? しゃかむにま」で、主人公は「歴史の長い仏教系高校」に通う女子高生。

今回デビューに向け作っている話はオリジナル創作の一般向け。非エロです。5人の美少女が日本の未来を?!世界の平和を?!…まだナイショですがそんな感じのお話です

 とのことで、ぶっちゃけタイトルロゴの塔婆がプチ懐かしかったりするのはここだけの秘密ですが、現在公開されている主人公の一人、御崎かるらクン(17)に声優をあてるとしたら誰がいいだろうと3秒ほど悩んだ結果、水樹奈々はどうかなと。ちょっと影が無さ過ぎですかね? まぁ、アニメじゃないので声優は関係無いですけどね。でもなんとなく、描いている方はその方なりに声をイメージしてそうですよね。アニメといえば仏教系では「あまえないでよっ!!」なんてのもありましたが、主人公も視聴者も煩悩の海に叩き込むまっとうなパンチラアニメだったのは記憶に新しいところかと思います。

 そもそもワンフェスは数回ほど逝ってもコミケ処女なアタシ。しゃかむにまを作る「學藝會」がブース当選してコミケ参加することになっても本当に行くかと言われるとすげー迷ってしまうのだけれども、年に数回開くか開かないかという会場の天井にある二酸化炭素検知式開閉窓が朝から全開になるという噂のコミケだし、しかしまぁ冬なら外に並ばなければ夏ほど修羅場にはならないかなぁ、とか思いつつとりあえず「らきすた」のコミケの回でも見て予習にいそしむ必要があるようです。

リアルアーケードPro.EX

リアルアーケードPro.EX
リアルアーケードPro.EX

 ホリのXbox 360対応ジョイスティック「リアルアーケードPro.EX」が独占販売中のHORISTORE.comに入荷していたので買ってみました。こやつは7月10日発売で1カ月前には予約が開始されたものの、即効で完売した後はほそぼそと入荷しては売り切れの繰り返しで買うタイミングを逃してばかりでした。時期的には7月31日発売の「ソウルキャリバーIV」用として考えていたんですが、予約開始後即完売のHORISTOREでは2回目の入荷が8月以降と案内されたことで微妙にモチベーションが下がり、「ソウルキャリバーIV」の方もこれまでドリームキャスト、PS2、GCとシリーズはすべてジョイスティックでプレイしてきたのでパッドではなじめず、さらにディスクの回転音にやっぱり嫌気がさしてプレイが遠のく結果に。まぁ、そもそも熱心にプレイするほうじゃないですけど……。

 PS3はホリの「リアルアーケードPro.3」(RAP3)やセガの「バーチャスティック ハイグレード」(VSHG)が登場したことで世間的には早々にジョイスティック環境が整備されましたが、Xbox 360はジョイスティック向きのタイトルの充実とは裏腹に長らく冬の時代が続き、RAP3やVSHGの内蔵基板をXbox 360コントローラの基板に交換しジョイスティックをXbox 360用とする「乗っ取り」が栄華を極めました。私も乗っ取りを画策したりしましたが、簡単なハンダ付け程度の作業で基板を交換して収納するだけは、椎茸と呼ばれるXboxボタンと4つのLEDに対応できず、ヘッドセットを装着する拡張端子の存在も(ジョイスティック本体に元々無いから)問題でした。

 セガはともかく、ホリからなぜXbox 360用の本格ジョイスティックが出ないのか――ホリに問い合わせても発表前は検討中という回答だけが返ってきていたようですが、2008年も半分を過ぎてやっとXbox 360版の「RAP」が発表された背景には、公式ライセンス品としての開発にあたり、マイクロソフト側では米マイクロソフトの対応となる点や、認証の通過、あるいは認証チップの供給に問題があったのではないかというのがもっぱらのところです。

 また、開発の遅れには直接関係無いと思いますが、レバーのボールとボタンを単色で揃えてきたRAPシリーズのポリシーが踏襲されていないことからも、「A」はグリーン、「B」はレッドなど、ボタンにはかならずパッドと同じ色を付けなければならない点が公式ライセンス品の条件に含まれていると考えられるでしょう。

ボタンを三和製に交換
ボタンを三和製に交換

 さて、VSHGはレバー・ボタンともに三和電子製で名前の通りバーチャ筐体を再現したものになっていますが、RAPシリーズはレバーを三和製とする一方、限定版をのぞき、ボタンはありがたみ抜群のホリ・オリジナルなのがほとんど。私のVSHGは色を変えるために結局ボタンを交換してしまいましたが、今回の「リアルアーケードPro.EX」こそボタンを交換することで真価を発揮できるといえましょう。8つの通常ボタンと2つのスタート系ボタンはそれぞれ30mm、24mmで、ほかのRAPシリーズと同様、三和製ボタンに交換してくれと言わんばかりに互換性が保たれているので、その意図に応えるべくアキバはMak Japanで三和製ボタンを購入し、交換してみました。

 VSHGもそうですが、ボタンはファストン端子で接続されているので、ハンダ付けは要らず、金具の端子を抜き差しするだけで交換できます(中身とかは不定期連載 ゲームグッズ研究所で)。色は往年の「ナムコスティック」を再現すべくレバーのボール・ボタンともにすべて黄色に統一したのですが、VSHGの時も「往年のナムコスティックを再現すべく~」とか言って変えたので、結果的に我が家の「ナムコスティックの意志を継ぐもの」は3台になってしまいました……。

F.S.S. DESIGNS 3

 ファイブスター物語最新設定作品集「F.S.S. DESIGNS 3」が発売されたのでフラゲできなかった前日に引き続き本屋に立ち寄って当日買いしてみました。

 ファイブスター物語(FSS)はもうかれこれ……と誰しもが遠い目をしてしまうと思いますが、個人的には読み始めて17年とか経ってるわけでして、帯の裏のリードの「佳境に入った魔導大戦の~」ってもう休載して何年になるんだヨ! とか思ってもこれはもうファンっつーか儲の哀しい喜びッつーか今さら投げ出せねーよジゼルもっと見テーよサイレンRまだ後ろ姿しか本編に出てねーよアシリアセパレーツなんてカケラも見たこともねぃようってなものでして、実際永野が先にくたばるまで付き合ってやんよと思っちゃってる人が残っちゃってるのかと思っちゃったり。

 ラルゴの緑サイレンが「玉虫色のメタリック装甲」とか「メッシュ→メルシュ」とか毎度おなじみの設定更新はともかく、描き下ろしのMHが「バルンシャ」だけとかどんなけなのかと。しかしそうは思いながらもバングとかカンとか80年代のクソ古い絵が臆することなく載せられ、明らかにデザインラインも作者の中の流行廃りも昔と変わってるのにコネコネと設定コネまわして「この絵は○○の時代のバージョンで連載登場時は△△バージョンに改装され~」とかいう風にして結局ド昔の絵も設定も世界観も肯定しながら(設定発表から数年後とかもザラの)連載登場時に「作者の最近の好み」の中で再構築され現れてくるのはFSSの魅力のひとつなのかもしれません。しかしインタシティって、もう涙無しには見られない……。