その日は(2000が)涙に暮れる日

 PSPの新型「PSP-3000」が発売されたので、重い、厚いと一様に虐げられてきた “著名な建築家の門の位置に文句をつけるな” 的栄光のクタラギワークス「PSP-1000」を窓から投げ捨て、出社前にヨドバシにて驚くほどあっさりと購入してきました。

 買う前から分かっていたのは、液晶パネルの性能向上、マイク搭載、テレビ出力まわりの改善、左下のHomeボタンがPSボタンにデザイン変更、などですが、サイズなどはほとんど変更されていないですし、液晶パネルの性能向上が主な注目ポイントでしょう。既に出ていた情報では、「PSP-2000」と比較して色域が約2倍、コントラスト比が約5倍、応答速度が約2倍、反射低減処理が施される、などが進化の内容だそうです。

 ボディカラーは指紋が目立ちにくそうという理由で「パール・ホワイト」を選らんだのですが、親戚のおばあちゃん家の風呂にあった洗面器や石けんのトレーを思い出すほどラメラメな塗装でした。パッケージから取り出して「アレ、色を間違って買っちゃった?」とカラーラインナップを確認してしまいましたが、できればフツーの白がよかったですね……。写真では間違えそうですが、表面はツヤツヤでツルツルです。

 ちなみにPSP-2000は持っていないので、以下の比較対象はPSP-1000です。

 起動してすぐにわかるのはもちろん、広色域でコントラスト比が向上した部分で、白が白く明るく、それでいて他の色がつられてうわつくことなく、“濃く”感じられます。赤、黄色、緑などは原色に近いほど鮮やかな発色となり、高コントラストとなったことで画面全体に透明感が出ています。

 PSP-3000では、XMBから「設定」→「本体設定」→「カラースペース」とたどると、カラースペースとして「ワイド」「ノーマル」が選べます。ワイドが初期設定で、ノーマルはPSP-2000以前を再現したモードです。ワイドはサイズではなく広色域のことを指していると思われます。

 
◆MHP2Gをプレイしてみた

 PSP-3000以前のソフトの代表として、PSP史上もっともポピュラーなソフトとなった「MHP2G」でその違いを確かめてみました。ポジティブな要素とネガティブな要素があるので、順番に。

 下位で森丘のレウスを狩りに行ったのですが、キャンプを抜けて丘エリアに出ると、いきなりPS2で「MHG」をプレイしていた頃を思い出しました。緑が鮮やかで濃く、「これは(色的に)PS2の画面だわ」とブラウン管でプレイしていた頃を思い出してしまったというのが正直なところです。コントラストが向上したことで液晶にありがちな浮いた感じも無くなり、透明感があり画面に引き込まれます。

 レウスを探して森エリアに入り、レウスを発見、狩りが始まりますが、尻尾回転攻撃を目の当たりにして、そのリニアな挙動に「おっ」となります。これは液晶の反応速度が向上している部分で、従来より残像が大幅に抑えられ、キビキビと動いている印象になります。大型でダイナミックに動くモンスターなら、いつもにも増してキレのある挙動に思えてしまいます。実際にキレがあるのは描写で、挙動は変わらないわけですが、フレーム数が上がったような錯覚を覚えました。

 体力を削ると、レウスが巣のある洞窟に逃げ込みます。森丘の竜の死床となる洞窟は、二つある出入り口付近の壁が暗く、従来は盛大な闇マッハバンドが描写されるだけでかなり見辛かったのですが、コントラスト比が向上したおかげか、わずかに黒つぶれするところは残るものの、壁のディテールがしっかりと判別できます。私は、壁が判別できないと自分が向いている方向を一瞬見失ったりするので(地図上のマーカーを見ればいいんですけどね)、地味に効果的な部分だと思いました。
 
 
 フィールド上は中間色が主体なので、彩度が向上したパネルの恩恵も自然な形で現れますが、PSP-2000以前の液晶をターゲットに調整されているMHP2Gでは、違和感が出てしまう部分もあります。例えばフィールド上で採取ポイントの目印になっているキノコですが、PSP-3000ではチャチャブーが潜んでいるバージョンかと見間違うほど鮮やかな発色で、慣れるまでは「このクエにはいないはずだが……もしや?」とハラハラさせられそうです。

 ポッケ村では、武器屋・道具屋の屋根で、商人の頭上の部分に赤・紫系の色かぶりが見られます。正しくは白か薄い灰色だと思うのですが、場所によってはやや暖色系に振れている印象です。ホワイトバランスは液晶パネルの個体差が出やすい部分だと思うので、PSP-3000の傾向なのか、個体差なのかは、現時点では分かりません。ただ、雪はちゃんと白いので、日陰となる部分にPSP-2000以前の液晶のクセを見越した色指定がなされた結果、現れたズレだと思われます。また、MHP2G全体として、PSP-3000ではホワイトバランスがわずかに赤かぶり傾向になってしまうように感じました。

 MHP2Gで最も違和感を感じるのは、原色が多いUIの部分です。体力ゲージは蛍光グリーンかと思うほど鮮やかに緑で、体力が削られたときの赤ゲージや練気ゲージも真っ赤な発色です。これらは表示場所が固定されているのでまだいいのですが、アイテムに関しては慣れるまで留意して見ないといけないかもしれません。全体的に色が濃くなっているので、例えば従来なら薄いピンク色だったペイントボールが、赤に近い濃いピンク色に見えます。もちろん、(元々赤色で)真っ赤になっているホットドリンクと比べれば、ペイントボールがピンク色であることは分かるのですが、狩りの最中、アイテム選択をしつつ回避行動をとるなどというアイテムエリアをじっくり注視できない状況では、「このアイコンでこの色ってなんだっけ?」と、漫然となにか違うアイテムだと判断していた、という状況が生まれます。

 問題点はいずれも慣れれば解決できると言えますが、アイテムのアイコンなどはPS2版やPC版と比較しても濃いめの色だと思えるので、はたして慣れることが得策なのか? という疑問も残ります。フィールド上の描写は間違いなく綺麗なので、最終的にはどちらを選ぶかという部分によります。私はといえば、PSP-3000のワイドで鮮やかな発色に慣れ親しみ、Wiiの「MH3」が出たら出たで、今度はそっちにも慣れるだけ、という感じなんですけどね……。
 

PS Audio GCHA + Digital Link III

 少ない投資で大きな実りとばかりにムーバブルオーディオの世界に傾倒している昨今、凝り出すと天井が知れないご家庭向けオーディオは5.1chシステムを安い中古AVアンプと中古スピーカーで揃えるぐらいで適当にしのいできたのですが、うっかりご家庭用のヘッドホン「HD650」を買ってしまったのがどうもよくなかったというか。そもそも「HD650」にしたって、「SR-71A」のゲイン切替機能搭載を知って、定番的ヘッドホンで聞いてみるか的な口実で買っとくかみたいな流れでして、まぁとにかくそんな感じで流れるものが盛大に流れた結果、気がついたら持ち歩けないヘッドホンアンプに加え、持ち運べないDACまでもが仲良く姉妹でお家にやってきておりました。

 ポータブルじゃないヘッドホンアンプはPS Audioの「GCHA」、ポータブルじゃないDAC(Digital to Analog Converter)は同じくPS Audioの「Digital Link III」(DLIII)です。両機はバランス接続が可能なので、あまり投資はできなかったものの、なんとか及第点クラスと思われるSAECの「XR6N」で接続しています。どーでもいいですが「xN」は金属素材の純度で、6Nは6桁のNine、純度99.9999%を意味しています。工業的に純度表示と実際の差は例によって諸説あるようですが、オーディオケーブルにおける6Nはまぁよく見かけるクラスではないでしょうか。多分。電源ケーブルに至っては哀しいかなストックのケーブルを利用していますが、きゃしゃなものでもなかったので、ひとまずこれで慣れ親しみ、交換はいつかのお楽しみとしておきます。

 我が家では、CDソースでも、すでにCDプレーヤー主体ではなくPC(iTunes/foobar2000)主体のリスニングスタイルですから、PCとUSB接続できるDACで、音はリスニング向けのもの、というトコロで評価がおおむね固まっていたPS Audioの2製品に手を出してみた次第です。CDプレーヤーは一応、ソニーの「DVP-NS915V」があるので、光端子でDLIIIに接続し、PCとCDプレーヤーの2つを選べるようにしました。しかし何か一丁前に「DVP-NS915V」とか書いてますけど、ソニーグループの戦略的にとりあえずSACDが “再生可能” な、DVDメインのいわゆるユニバーサルプレーヤーでして、単体DVDプレーヤーでとにかく安いやつを、と買いに行ってつかまえてきた一品というか、CDトランスポーターとしてもオーディオ的な期待は皆無なので、やっぱりPC主体で使うことになると思います。

 んで、PC → (USB) → DLIII → (SAECバランスケーブル) → GCHA → (Cardasヘッドホンケーブル) → HD650 という流れになるのですが、前段となるDLIIIは、96kHz、192kHzの2種類のサンプリング周波数が選べたりします。USBでも光でも音質に大きくかけ離れた差はなく、そういった意味では相対的にUSBの入力に対する処理が優秀と言えるかもしれません。選べるサンプリング周波数は音的に明確に差が出るので、輪郭が綺麗で空間も広く感じられる192kHzをひとまず常用することになりそうです。

 アンプのGCHAはボリューム部分が特殊で、一般的なアンプとは異なり電流を調節して音量を制御しているとのことで、これによりボリューム位置にかかわらず背景にノイズが乗らないというアドバンテージを備えています。一方、大げさな機構がいらないせいか、ボリュームノブの動きは軽く、触っただけで動いてしまうので、設置場所の都合からブラインドタッチを余儀なくされている身としてはやや扱いに慎重になる部分です。
 
 
 あたらしいオーディオ機器を買い「昔聞いていたCDをまた聞きたくなりました」なんて話はよく目にしますが……ええ。聞きたくなりました。iTunesに取り込む候補から漏れていた昔のCDを何枚かサルベージしてしまいました。

 DACの処理なんだと思いますが、CDの時点ですでに微妙な録音のソースもそれなりに整えて聞かせてしまうのは恐ろしくもあり、楽しいところです。空間は広めなので窮屈な印象は無く、音によっては左右だけでなく前後にも大きく広がる印象もあります。低音域はかなりの深度まできれいに分離されて、澄み切った水の深い川底をのぞくようです。高音域はきつさが現れることなく、張りのあるまま綺麗に伸びます。

 そして、全体を支配するのは我が家のご本尊でもあらせられるSTAX様にも迫るキレ、減衰速度です。タイトなスネアも、厚みのあるパーカッションも、ベースもホーンセクションも無様に停滞することなくスッと自然に空間に溶けていき、特に生音系やボーカルは繊細なエッジが際だつ印象です。もちろん、我が家のSTAX様が(「Ω」ではないので)苦手とする低音域はHD650ではしっかりと出ているので、比較的ジャンルを選ばないという意味において、ついに世襲の時来たりとノタまっても過言ではありません。あくまで我が家的に、ですが。

 まぁこれでもまだ慣らし段階ですし、ひさびさにいろいろCDを引っ張り出して聞いてみたい機器が登場したようです。
 

SR-71A

 ポータブルヘッドホンアンプの「SR-71」を愛用していることもあり、後継モデル「SR-71A」のデリバリーが開始されたと聞いてさっそく入手してみました。

 温かみのある、濃いめの音がSR-71の特徴で、基本的なコンセプトは踏襲しているということなので、SR-71Aの大まかな傾向は予想ができますが、SR-71の発売から経過した時間分の進化が気になるところです。

 ハードウェア部分ですが、ボディはややコンパクトになり、前面パネルの出っ張りは最小限になりました。ゴム足は両面テープ付きのものが付属し、パッケージから取り出した時点ではゴム足が付いていない状態でした。ボリュームノブは径が小さく黒いものに変わりました。回転の重さはさほど変化が無いように思います。パネル上にボリュームの目盛りは描かれていますが、ボリュームノブ上の印が見えにくいので日常的に活用することは難しいかもしれません。ステレオミニのジャックは型が変更され、よりカチっとしっかり固定できるようになりました。持ち運ぶことが多いのでここは嬉しい部分です。

  

 
 電池は、SR-71同様に9Vタイプを2本使用します。SR-71では電池室の中央に仕切り板が設けられていましたが、SR-71Aでは省かれています。かといって2本の電池がぴったり収まるかといえばそうでもなく、左右の電池の間には仕切り板分ぐらいの隙間ができます。端子の配置から、隙間ができてもくっついていても問題ないということなのでしょうが、電池を入れる度に寄せるか離すかで少し迷います(笑)。SR-71A登場直後はMAHAの充電池のお尻が飛び出てフタが閉めにくい、という話もありましたが、私が持っているSR-71とSR-71Aでは、MAHAのお尻が出る具合は全くといっていいほど変わりません。フタがきついのは押さえつけることで確実に端子が接触するためだと思っていましたし、2年間ほぼ毎日使っているSR-71は電池室の端子がヘタったということもありません。

 2本の電池を使うのは、本体のレタリングにも書いてありますが、電源から独立したデュアルモノ構成だからです。この点が多くのポータブルヘッドホンアンプと一線を画す特徴になっていると思います。

 最も大きな変更点は、前面パネルの左隅にゲイン切り替えスイッチが設けられた点です。0位置が「LOW」、上で「HI」、下で「MED」に切り替えることができ、感度などの都合でボリュームがとりにくいヘッドホンも比較的余裕を持って駆動させられます。感度が高めな現代的なイヤホンは「LOW」が最適と思われ、ボリューム調整がしやすくなります。また、ゲインが比較的低いことでバックグラウンドノイズ(?)の面でもメリットはある気がします。一方、もともと感度が低く、インピーダンスも高めの室内用の大型ヘッドホンでは、従来ならボリュームが12時~13時を超えてやっと常用域という感じでしたが、「HI」などにゲインを上げることでボリュームを大きく回さずとも鳴らすことが可能になります。
 

 常用しているIEMの「Triple.fi 10 Pro」は公表スペックいわく感度が117dB、インピーダンスが32Ωと現代的な高感度仕様で、SR-71Aのゲインは「LOW」が最適と思われますが、先日買った「HD650」などは感度が103dB、インピーダンスが300Ωで、ふつーの据え置き型のアンプで鳴らす分にはまったく問題にはならないものの、ポータブル環境にはヘビーな仕様です。いや、オープンエア型のHD650を移動中に使うとか個人的にはありえないですけど(音漏れ全開だしゴミつまりそうだし)、可能性があるとしたらホテルの部屋とか、外出先の拠点でじっくり音楽を聞きたい場合、などでしょうか。いずれにしてもゲインコントロールの活躍の機会は未知数ですが、幅広く対応できることでイヤホンやヘッドホンの選択肢が広がるのは楽しいことだと思われます。

 そしてこのゲインのコントロールですが、高音域に変化があるようで、天井への張り付き方といいますか、飽和の仕方が変わるように感じました。気のせいかもしれませんし、微妙な変化だと思うのですが、高感度のIEMでは「HI」にするとより高音域がやや飽和しやすくなるような印象です。低感度?の大きなヘッドホンはもともと「HI」位置で使うので、「LOW」にして同じ音量を得るためにボリュームを上げると、高音域の変化以前にバックグラウンドのノイズや全体のバランスが崩れる気がしました。かといって高感度イヤホンで「HI」位置を使うのもまたノイズ面で微妙ですし、ボリューム調整の幅が狭まり、実用的とはいえない気もします。イヤホンの特性を補う意味で音質の面からゲインを選択するのも面白いかと思いましたが、あんまり変わらないような気もしますし、もう少し慎重に聞いてみる必要がありそうです。

 一部は既に触れていますが、音の傾向は前モデルを踏襲した印象で、低音域に厚みと締まり、適度な深さがあります。中音域も厚みが低音域からつながって、豊かな印象です。全体的に、それぞれの音がハッキリと聞こえ、両肩にバレーボールぐらいの広がりのある空間が感じられます。現時点では駆動時間が200時間にも満たないため、高音域と中音域のつながりが少し弱く、トランペットやバイオリンの高音域が少し奥にとどまっている印象です。このあたりが降りてくると前モデルのSR-71とほぼ同じ傾向になると思います。

 背景の黒さ、という面は前モデルには無いアドバンテージで、常用のボリュームレベルなら、漆黒の闇に浮かび上がる音像が印象的です。

 「Triple.fi 10 Pro」は、低音域と高音域が厚めで相対的に中音域の主張が強くないため、SR-71Aとの組み合わせでは低音域がやや厚めに盛られることになりますが、これもソースによっては丁度良かったりと、判断が分かれるところです。高音域は、キツさを感じるぎりぎり手前といったところでしょうか。いずれにしても、慣らし運転が終わるまでもうしばらくは変化を楽しみたいものです。
 

HD650

 「いつかは欲しいものリスト」なんてのがナニかの拍子に耳から脳汁と一緒に出てきたりするのですが、さらにうっかり勝手に盛り上がってしまい、ゼンハイザーの「HD650」を買ってしまったようです。

 盛り上がったキッカケは別の機会にゆずるとして、こちらのHD650は我が家のヘッドホン開祖であらせられます「STAX Classic System II」(SR-303+SRM313)以来の超ドレッドノート級ゲルマンアイテムとして飛来したヘッドホンとなるわけでして、お家でちゃんとしたオープンエア型ダイナミックヘッドホンを楽しみたいよぅという主にフツーの理由から召喚されました。間違っても高祖STAX様がちゃんとしていないということではなく、ノーマルな運用ができるヘッドホンの範疇で、ということです。STAXは列車砲かヤシマ作戦の陽電子砲かといった塩梅なので。やたらと繊細な兵器ですけど。密閉型では同じくゼンハイザーの「HD25」をすでに持っていますが、まぁオープンエア型も欲しかったのと、部屋の中で密閉型だと電話とか余裕でスルーするという微妙に切実な問題もあったり……ま、電話とかメッタにかかってこないけどね☆

 内容は今更書くまでもなく、ゼンハイザーのトップエンドでオープンエア型の名機、リファレンスとして評価が定着していると思われますが、何より買ったばっかりで音が馴染むまでは書くのがはばかられるというオーディオにありがちなアンビヴァレントな時期であったりします。鳴らし始めでも程よく締まって沈む低音域、艶めかしい中音域、今は少しマスクされているものの素性の良さそうな高音域、と期待通りの雰囲気です。特定音域の特化ではなくディティールをしっかりと描いた上でものすごくバランス型な気がします。幸い、慣らし運転中の機器がもうひとつあるので、それと同じ時間慣らせば程よい頃合いになると思われます。

 写真に写っているケーブルについては補足が必要で、標準(ストック)のケーブルは箱から取り出すと同時に取り外し、水色といってもLANケーブルではなく、HD25で使用していたカルダスのケーブルに交換しています。プラグ部分は形状からカナレだと思います。外出用として1.2m+ミニプラグバージョンを輸入したのですが、現在はフジヤエービックなど国内でも、標準プラグバージョンがたまに入荷しているようです。

雷電IV

 せっかくXbox 360用のジョイスティックが我が家にやってきたので、10月2日発売の「雷電IV」を買ってみました。例によって強烈な思い入れがあるかと言われればあまりないワケで、スパスパとプレイできるほど上手いかと問われればあまりできないワケですが、そういや中学生の頃に片道1時間とかかけて自転車で出かけた隣町の、24時間営業のカップラーメンとか売ってる自動販売機(取り出し口にある割り箸はすげー短い)だけの店のゲームコーナーで雷電をプレイした記憶があるのですが、同じ場所にあった「野球拳」の印象が強いせいでその雷電のバージョンは憶えてません。たぶん「雷電II」でしょうけど。

 で、雷電IVの極超ファーストインプレッションは弾幕と自機狙い弾が程よく混ざって好印象なかんじ。この程度の弾幕なら余裕でイケる! とか思ってると脇からの高速弾で即死したりします。まとわりつき、なぎはらえ、の2種類のレーザーの使いこなしとかも楽しそうです。爆発やボムなどSE系の音が左側からしか聞こえないのは今のところ意味がわからないのですが、ダウンロード購入の機体も用意されていることですし地味に遊べそうですよ。

 しかしながらこれはもうXboxのすべてのディスクタイトルに言えますけど、現在のユーザーエクスペリエンスというかディスクエクスペリエンスがありえないデシベル体験なのでマジで秋のアップデートでHDDインストールが実装されるまで温存しておきたいというのが正直なところ。温存→死蔵という流れが今まさに予見されたわけですが、新鮮味命じゃない保存に適したスルメタイトルの入手を心がけたいものです。