ニッシン MF18 デジタルマクロ

_DSC2615

 マクロ撮影用のリングフラッシュとして、ニッシンの「MF18 デジタルマクロ」(ニコン用)を買ってみました。パッケージ内容や仕様は公式Webサイトに譲りますが、マクロフラッシュとしての基本的な優位点のほかに個人的に注目したのは、左右で独立して光量を制御できる仕組みや、ケラレに対応するために内径を広げられる点などでしょうか。ワイド系のズームレンズでない限りケラレるケースは少なそうですが。アダプターリングは、他の製品ではオプションにされていることも多い77mmを含めて、6種類が付属するのも地味ながらありがたい点です。私が持っている「24-70mm F2.8G」は77mmですし、「60mm MICRO F2.8G」は62mmで、どちらも標準で同梱されるアダプターリングで装着できました。

 もっとも、その目的を考えれば「60mm MICRO F2.8G」に装着して使うことになるのですが、ポートレートに使うとなれば「24-70mm F2.8G」のような大口径の標準ズームレンズが便利ですし、幅広く対応できればその分だけ絵の幅も広がります。

 金属製のアダプターリングはフィルターなどと同じくねじ込み式で、レンズに装着しているフィルターにねじ山が切ってあれば、フィルターの先にも付けられます。フラッシュ発光部は4ヶ所のツメでカチッとアダプターリングに固定されますが、取り付ける角度自体は360度、自由に調整できます。フラッシュ発光部はそれほど重くないのは発光部にバッテリーが不要な有線式ならではでしょうか。

_DSC2603

 ちょっと過剰な仕様かな? と思えるのは本体のカラー液晶と、MF18一式を収納できるしっかりとした収納ボックスですが、まぁカメラバッグに常駐させておくタイプの機器ではないと思えるので、収まる場所があるのはいいのかもしれません。液晶がカラー化されていること自体に不満はありませんが、STN液晶と思われる少し滲んだような見た目は、豪華さよりチープさが目立つような気がしなくはないものの、意外にも視野角はちゃんと確保されていますし、モードごとにしっかりと色分けされているので画面が視界に入れば選択されているモードを把握できるといったメリットはあります。

 カメラを縦位置にすると液晶画面も回転し、上下左右の方向キーも画面通りに追随するという仕様は、そこまで求めてなかったけどあったら嬉しい機能という感じでしょうか(笑)。とはいえ、三脚などでカメラを縦位置に固定した場合には便利そうです。ちなみにUIは英語のみのようですが、カメラ的英単語と数字だけなので特に不便には感じません。

_DSC2621

 左右の発光量をマニュアル操作で調整できる機能は、TTL発光モード、マニュアル、ファインマクロのいずれのモードでも可能ので、なかなか興味深い機能になりそうです。左右ってことになってますが、カメラの向き、あるいはフラッシュ発光部の取り付ける角度を変えれば「上下」の発光量を調整できることになるので、接写でも光源が上から、あるいは下からといった写真を簡単に撮影できます。

 ファインマクロは微小発光モードで、もともと明るい環境で絞りを開けて撮影する場合など、フラッシュを補助光的に使う場合に便利そうです。より作品的なアプローチでしょうか。左右の独立した発光量の制御やTTL対応などは、ほかのメーカーのマクロリングフラッシュでも対応していますが、ファインマクロはこの「MF18」独自の機能になっています。他メーカーでは1/64や良くても1/256あたりまでが発光量制御の最小値ですが、「MF18」ではマニュアルモードで1/64まで調節でき、マニュアルモードをさらに微小発光モードにしたファインマクロモードでは1/128~1/1024と、非常に繊細な発光が可能になっています。

 フラッシュとは別に搭載された4つのLEDでモデリング発光も可能で、各モードでSetボタンを長押しすればモデリング発光モードになります。フラッシュとちがって設定中は常時LEDが点灯し、フラッシュが発光する時だけ消灯します。使い方はAF補助光なので、明るい環境ではあまり意味は無いでしょうが、薄暗くてどうにもAFを合わせにくい時には便利です。ちなみにフラッシュの左右の発光量を調整していた場合、その設定もLEDの発光に反映されるので、モデリング発光の時点で大まかに仕上がりを把握することもできます。

使ってみる

 試しに使ってみると、やはりレンズ前数センチの接写でも、フラッシュの光が自然に行き届いた絵になります。そのための機器ですが(笑)。レンズと光源が同軸なのでフラッシュの直接光にありがちなテカリは無くなりませんが、左右(上下)の発光量調整でグッと仕上がりをコントロールできるのが印象的です。

 下の写真はTTLモードでAB(左右≒上下)の発光量を調整したものです。表面が経年劣化でクラックド・フィニッシュになっているのは気にしないでください……。左の写真はAB(上下)=4:1、右の写真は逆にAB=1:4としたものです。実は、左耳のつけ根あたり、表面に写り込んでいるフラッシュの形状で、上下で発光量が異なっている様子を確認できます。片側を発光しない比率も可能です。TTLモードでは比較的大きな比率で指定しますが、ほかのマニュアルモードでは発光量をより細かく調整できます。

 「60mm MICRO F2.8G」の限界の絞りであるF36で接写をしても、マクロフラッシュなら何事もなかったかのように手持ちで撮れてしまうのはなかなか面白いのですが、普段使わないようなF16とかF22とかのかなり絞った領域は、センサーに付いたゴミをこれでもかと強調してくれるので、絞りマクロに出かける際はセンサー掃除も必須になりそうですね……。

 _DSC2634_DSC2633

 続きではフィギュアで違いを見ていきます。

“ニッシン MF18 デジタルマクロ” の続きを読む

WF2013冬と境界線上のホライゾン

RAMPAGE Ghost
エル・アゾゥル / RAMPAGE Ghost (原型:柳生圭太)

 「ワンダーフェスティバル 2013 冬」に行ってみました。幕張に移る少し前から足が遠のいていたので久しぶりのワンフェスです。カメラはD600+Micro-Nikkor 60mm F2.8Dで、フラッシュは持って行きませんでしたし、内蔵も使いませんでした。手振れが散見されるのは勘弁してください(笑)。2400万画素に助けられるカットもあれば、ブレが目立ってしまうカットもありなんとも試される結果になっています。

 今回のワンフェスはカメラの目的もありますが、なにかテーマを決めないとウロウロして終わりになるので、アマチュアディーラーについては事前に情報が入手できた「境界線上のホライゾン」関連の出展に的を絞ることにし、その合間にほかに目についたものを撮っていきました。企業ブースはあんまりチェックしていなかったので、当日ぐるっと回って目につたものを、って感じで、要するに基本は適当な感じです。

 ファイブスター物語、ゴティックメード関連は予想通り当日版権が下りていないようでパーマネントの製品以外はナシ。というかファイブスター関連は版権が下りていると一箇所に集めて展示されるのがこれまでの常なので、それが無かったわけです。

 もひとつ期待していたのは英雄戦姫関連だったのですが、こちらもアマチュアディーラーでは全然見かけませんでした。調べてないので、そもそも存在するかどうか知らなかったのですが、ざっと回った感じでは巡り合いませんでした(※実際にはけっこうあったみたいです)。企業ブースでは、グッスマブースにGiftの発売済み2013年発売のアーサー(下の写真)、そしてキューズQのブースに新シリーズ第1弾として製作中のパーシヴァルが無塗装で展示されていました。英雄戦姫GOLDをベースにした(?)アーサーがグリフォンエンタープライズで製作中であることも明らかにされたようです。

「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift
「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift

 全部で90枚以上とかになってしまったので、「続きを読む」の先で掲載します。

“WF2013冬と境界線上のホライゾン” の続きを読む

お台場ガンダムみてきたヨ

 

 
 やっと重い腰を上げてお台場のガンダムを見てきました。都内とはいえ私事で70-200を担ぎ出すなんて久しぶり。D3との組み合わせでは初めてです。実はそれほど新しい型でもない70-200は、D3でも派手に周辺光量落ちが見られ、ちょっと残念な感じなのですが、いろいろな条件が重なると光量落ちがそれほどでもなくなります。が、よくわかってないので、よくわかりません(笑)。D3と古いレンズの周辺光量落ちについてはもう少し修行が必要です。

 ガンダムはもっと開けた場所にあるかと思っていましたが、思ったより公園の木々がまわりにあり、ちょっとした広場に設置という感じでした。人出も多く、屋台なんかあったりして、お祭りの感覚ですね。

 ところで、会場でガンダムの正面について(間違っている)話を耳にしたのでこんなところで補足しておきますが、「大河原立ち」では胴体は斜めを向き、左足と顔が正面(カメラ目線)を向きます。なので、このガンダムでも顔が向いている方向(=左足の方向)が正面です。カトキハジメなどは顔も胴体と同じ方向を向かせたり、足のポジションも独自だったりする場合がありますが、少なくともお台場ガンダムでは顔の正面を探すと綺麗なポジションが得られると思います。

 持っていったボディはD3だけで、レンズは70-200mm F2.8Gのほか、28mm F2.8Dを使いました。事前に距離感がつかめていないので200mmで足りるかな?と不安でしたが、ちょうどうまく撮れる感じだったので助かりました。フォトギャラリーは34枚ですが、28枚目までが70-200mm、29枚目以降が28mmです。
 

© 創通・サンライズ 上記の画像のリンク先は等倍です

 
 

フォトギャラリー(34枚)

 
 

獅子堂秋葉

 
 モンスターハンター3と一緒に届けられたのがグッドスマイルカンパニーの獅子堂秋葉です。フィギュアを買うのはワンダーフェスティバル2006夏でワンダちゃん(吉崎観音×エヴァ バージョン)2体セットを買って以来でしょうか。もとよりフィギュア的なものは過度な消費側にまわるのを恐れて意識的に買っていなかったので、まともな商品を買ったのは実質初めてです。

 「宇宙をかける少女」は2009年1月~6月までの2クールの放送でしたが、このフィギュアを「あみあみ」で予約したのは予約開始日の2月24日でして、予約当時から7月発売と案内されており、どんだけ待つんかいなと思っていましたが、個人的にも一番盛り上がっていた2月ごろに予約しつつ、放送が終了した1カ月後に製品が届くというのはちょっと残念な気がします。デコマス(デコレーションマスター/彩色マスターサンプル)が出来てから生産までは工場との調整やらで数カ月はかかるらしく、フィギュア製作側が放映のけっこう前から製作を開始しないと、旬な時期に発売するのは難しいようです。そんなこんなで7月も最終週になって入荷の知らせが来たときには予約当時のテンションはすでに無くキャンセルしようか迷いましたが、せっかく予約したし、たまにはいいかと思い買ってみました。

 実物を見てけっこう驚いたのは、デコマス(の写真)と見分けがつかないほど精緻で丁寧に作られていることでしょうか。最近はこんなにレベルが高いんでしょうか……。まぁ値段も安くはないのですが、パーティングラインらしきものもほとんど見あたらず、塗装も綺麗で、ちょっと感心したというか(ナメていたというか)、新鮮な驚きがありました。

 色や仕上げ以外では、体のラインやムッチリ感はさすがにプロの原型師による情報量の多さというべきところでしょうか。独特のポーズが躍動感溢れる形で立体化されているのも、単なる立ちポーズより動きが感じられて気に入っているポイントです。

 デコマスの写真はさんざん眺めましたが、どうせならということで我が家でも製品ページの写真っぽく撮影してみました。適当な手持ち撮影なので被写界深度についてはあまり深くとれていませんが、深く考えずに撮影したせいか、アングルはさすが製品ページのほうが研ぎ澄まされていますね。人型のブツ撮りは、あたかも人を撮影するように心がけるのが基本と勝手に思っていましたが、製品ページの写真は愛が溢れすぎていることに気付かされましたw

 


© サンライズ・バンダイビジュアル
リンク先は2332×3544 (2.83MB)