Xbox One ワイヤレス コントローラーをWindowsで使う

【2015年8月3日】 記事末尾にWindows 10での挙動を追記しました。
【2015年11月10日】 別記事で「Xbox EliteコントローラーをWindows 10で使う」を公開しました。
【2016年11月17日】 Windows 10対応で、USBとBluetoothに両対応の新モデル「Xbox ワイヤレス コントローラー」が発売されました。これから買うならオススメだと思います。

  
 「Xbox One ワイヤレス コントローラー」がWindowsで使えるようになるUSB接続用のドライバの提供が開始されたというので、米Amazon.comで「Xbox One Wireless Controller」だけ買ってみました。充電式電池が付いたプレイ&チャージキットとのセットではなく、コントローラー単体です。購入時の価格は49.87ドル、送料込みで62.85ドル(6697円)でした。2014年6月の時点で日本で並行輸入品として売っている価格より少し安かったですが、Xbox Oneが日本で発売されたらコントローラーも5980円で発売される予定です。急いでない人は2014年の9月を待ちましょう(笑)。

“Xbox One ワイヤレス コントローラーをWindowsで使う” の続きを読む

アルティメットニッパー

Photo & Video Sharing by SmugMug

 
 模型製作で使うニッパーに新たな風を起こしているという、ゴッドハンドの「アルティメットニッパー 5.0 SPN-120」を買ってみました。以前から気になっていたものの、店頭に入荷するとすぐに完売してしまうので機会を逃していましたが、Amazonで入荷するとTwitterの公式アカウントでアナウンスされていたのを見て、(適正な価格で)購入することができました。

 仕事をし過ぎて同業者から「○○○さんは実は7人いる」とか噂される有名ガンダム系プロモデラーが愛用しているとか、ホビー誌で紹介されたとか、最近ではいろいろ話題も出てきていますが、とりあえず切れ味がウリのこのニッパー。ニッパー自体はあれば便利とかいうものではなく模型製作の基本ツールですから、素人でも恩恵にあずかれそうです。

“アルティメットニッパー” の続きを読む

トレジャーフェスタ in 有明11

figureneet 「鏡音リン 〜メランコリックver〜」
 
 2014年5月5日に東京ビッグサイトで開催された「トレジャーフェスタ in 有明11」に行ってきました。大きい物、小さいものを買いつつ、例によって“個人的に”惹かれたアイテムの写真も撮ってきました。王道な感じの版権モノ美少女フィギュアはあまりございませんのであらかじめごりょーしょーください。

“トレジャーフェスタ in 有明11” の続きを読む

USB Audio Player PRO + HERUS

 当ブログでは2013年11月に「HERUS」を紹介し、Androidでは「USB Audio Recorder PRO」というアプリで聞いていましたが、2014年に入って同じ開発者から「USB Audio Player PRO」というアプリがリリースされていました。有り体に言うと、「USB Audio Recorder PRO」をプレーヤーアプリとして使っていた人が欲しかったプレーヤー機能が全部入ったアプリ、ということになるでしょうか。

「USB Audio Player PRO」メインの再生画面
「USB Audio Player PRO」メインの再生画面

“USB Audio Player PRO + HERUS” の続きを読む

ワンダーオリジナル – WF2014W

N.S.F 「グラディエーター娘」(原型:clone09)

 2月9日に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2014 冬」に行ってきました。2月8日の大雪の影響が残る中、出展者側にも来られない、遅れるといった影響が出ましたが、なんとか無事に終えられたようです。

 今回ですが、以前からもっとしっかりと見てみたいと思っていたアマチュアディーラーのオリジナル作品に的を絞り、写真を撮影してみました。ワンフェスは元々一人で網羅できる規模ではありませんから、あれもこれもと追いかけていると時間が足りません。さらに今回は私の到着時間が遅れたこともあり、実際に歩いてまわれたのはアマチュアディーラーのエリアの9割程度、そのうち早期撤収や大雪で来られなかったディーラー、単純に見逃したディーラーなどを含めると、見られたのはアマチュアディーラーの6~7割という推測です。その足でまわった中から、個人的に気になったオリジナル作品をいくつか撮影させてもらったという形です。

 以下のリンクは、Smugmugにアップロードした写真です。キャプションにディーラー名、作品名も入れています。本記事でも抜粋して、後半で紹介しています。

 → ワンダーフェスティバル 2014冬 (オリジナル) (147枚)
 → ワンダーフェスティバル 2014冬 (版権そのほか、少量)(44枚)

 なるべくオリジナル作品に時間を割きたかったので、版権モノなどは、「これは素通りできない!」という(要するに贔屓のタイトルの)ものだけ撮影しました。時間の都合で18Kブースと企業ブースは手付かずのまま閉会時間を迎え、企業ブースについては撤収準備が始まる中で2カ所ほど見ただけになりました。艦これ、ガルパン、ラブライブなどは基本的に撮影していませんのでのあしからず……。

 ちなみに、ちゃんと少しだけ買いまして(笑)、お札の数を勘違いしていて途中で資金不足になりましたが、戦利品は以下のような感じでした。「んどぱら屋初代組」さんの「1/35 ソラノミナ37 ダイナタック1200cc」(冊子付きでした)、「TTToy」さんの「Ma.K ノコノコラプター」、「はるきこーぽれーしょん」さんのガイコツ(の一番小さいの)、の3点です。パルトのダイナタック以外はわりとその場のノリで買ってしまいました。主に自分が原因で買えなかったのは「POLY-TOYS」さんの「1/35 夏の風物」、企業ブースではモデルカステンのJKシリーズ、アオシマのあおこのソフビあたりです。

WF2014冬で買ってきたもの
WF2014冬で買ってきたもの

 

ハイライト

 撮影できた中から個人的なハイライトを挙げるなら、ディーラー「N.S.F」さんの 「グラディエーター娘」(原型clone09)と、ディーラー「CREA MODE」さんの「MERINA」(メリナ)です。

N.S.F 「グラディエーター娘」(原型:clone09)

 「グラディエーター娘」は、グラビア立ちのように腰や体幹にしっかりと表現が加えられ、大胆な露出度の体と骨格が強調されながらも、顔の大きさや配色はアニメ的な目になじみのあるバランスで、写実とアニメの微妙なブレンド具合が魅力的でした。剣闘士というモチーフに対し、足や手のパーツの近未来的なアプローチも同様に二面性があり、世界観にも興味が湧いてきます。猫耳と見せかけて実はそうではない、というのも面白いですね。

 
CREA MODE 「MERINA」

CREA MODE 「MERINA」

 CREA MODEさんの「MERINA」と新作の「Madonna Lily」は、異なる配色の2つがそれぞれ展示されていましたが、展示された「MERINA」は割りととんでもない存在感で、腰に手を当てた堂々した佇まいや意志の強さを感じさせる瞳(とメイク)に非常に惹きつけられるものがありました。配色やデザイン、細かなディテールへのこだわりが全身にまんべんなくあり、対してフラットなエリアである足やおでこが女性キャラクターの魅力として一層引き立てられ、高度にバランスされているように感じました。こうしたことからか、冷静に考えるとやや謎なポーズ(キャットウォーク?)も、不思議と説得力を感じてしまいます。

 続きは、上記Smugmugにアップロードした写真から抜粋したものです。

“ワンダーオリジナル – WF2014W” の続きを読む