Mojo+Poly、Chord“モバイルサウンド”への愛憎

 英Chord Electronicsの「Poly」(ポリー)が、ついに、2017年12月8日に発売されました。日本での販売・サポートはアユートで、私はフジヤエービックで予約し、先着特典のケース付きで購入できました。

 さて、あれはいつのことだったか……ポータブルDAC/アンプの「Mojo」(モジョ)が発売されたのは2015年11月で、その頃に開催されたヘッドホン祭りで、今後の展開として、Mojoにドッキングするタイプの“無線LAN機能を追加するモジュール”や“SDカードリーダーのモジュール”の開発が予告されました。私はこのSDカードリーダー機能に非常に惹かれ、これの発売が確定したらMojoと一緒に買おうと思っていました。

 しかし時は流れ、続報がないまま1年が経過し(笑)、忘れかけていた頃、2017年1月初旬のCESに合わせて、Polyの情報が初めて公開されました。蓋を開けてみると、無線LAN機能やSDカードリーダー機能はひとつにまとまり、操作は外部からやスマートフォンアプリから行うのが前提という、思い切ったネットワーク志向の仕様で、このタイミングで私はMojoを買いました。

 しかしやはり時は流れ(笑)、春頃と思われていた発売も順調に伸びていきます。2017年7月に開催された「ポタフェス」にてアユートのブースで聞いたところ「技適(※通信機器の認証)は通っており準備はできているが、生産ラインをHugo 2にまわしており、量産開始が遅れている」との回答でした。この時点で、秋頃まで伸びるかな~という感触で、実際に米国のMoon Audioなども発売時期の記載が毎月延期されていましたが、結果は2017年10月に本国のイギリスで発売、日本での発売は2017年12月8日という形になりました。まぁ、つまり、構想発表から2年が経過しているわけですね。100万円コースもごろごろしている超高級オーディオメーカーであるところのChordとしては、2~3年ぐらいの開発はなんてことないかもしれませんし、Mojoの開発には3年かかったそうですが、スマートフォンやテクノロジー業界に浸かっている身としてはめちゃくちゃ待たされた、むしろ途中で少し忘れてた……というのが正直なところでしょうか。

 もっとも、そのPolyのコンセプトやユニークさは失われていないですし、ベースとなるMojoの仕様も、市場のPCMやDSDの進化の速度が落ち着きはじめていたこともあってか、世間から取り残されずに耐えています。

 ちなみに、展示会などで、Mojoを試聴した人が「バランス接続だったら……」と担当者にコメントしていく場面を見かけますが、ChordのDAC製品の機能は基本的に、ESSや旭化成などのDACチップを使わない「FPGA」(半導体の機能をプログラムで自由に実装できる基板)で実現されており、楽曲データのアナログ化に際してのタイミングや時間軸に対し、(少なくとも同時代に提供されている)DACチップでは実現できない、正確性を非常に重視した独自のアルゴリズムが組まれています。Chordのデジタル回路設計担当のロバート・ワッツ氏がメディアのインタビューで答えたところによると、FPGAや、プログラムで実装されるWTAフィルタ、パルスアレイDACを駆使したChordのアプローチでは、シングルエンド(アンバランス)でもノイズや歪みが少なく、既存のDACチップをバランス化する時のようなメリットは少ない、という考えのようです。

 実際にポータブル機器におけるバランス化は電源に対する負担が大きいとされ、メリットを十分に発揮できないという懸念もあるようです。ユーザー側も、盲目的にバランス化を求めるのではなく、ChordのFPGAのように、継続して取り組まれているコンセプトの製品は特に、開発者の意図を汲んだ上で利用していきたいものです(フラグ)。

 最初に、忘れられがちな(?)音について触れておきます。私はそれまでMojoに対して「Shanling M1」のUSBデジタル出力を、ShanlingのUSBケーブル(SHANLING L2 TypeC to Micro USB cable)で接続して利用していましたが、Polyでは、音質はめざましく良くなりました。

 一言で言うと「鮮烈」で、明るく生き生きとして、切れ味の鋭いシャープな音です。Mojoってこんな音も出せたんだと驚くと同時に、「これが、ChordがMojoで出したかった音なのか」と少し感心してしまいました。

 Polyはまだまだ運用しづらい部分も多い、課題の残っている製品ですが、このサイズでこの音を持ち運べるなら、と苦労を許せてしまうのも、私にとっては一定の事実です。逆に、音質的な向上がなかったら、以下のようなめんどくさいことは投げ捨ててFiioとかCowonとかを物色しはじめていたかもしれません。

Polyは小型コンピューター

 さて、「Mojo + Poly」ですが、Webサイトでさまざまなロゴが並んでいるように、Polyはネットワーク関連のさまざまな機能をサポートしています。が、私はSDカードの音楽を再生したいという目的で買ったので、それ以外の機能、具体的にはDLNA、AirPlay、Roon、Bluetoothの各機能については、本稿ではほぼ省略しています。

 Polyの本質は、Linuxで動く小型コンピューターであり、MPD(Music Player Daemon)というサーバー用アプリケーションが稼働しているシステムだという点です。Polyのネットワーク関連のある種の面倒くささや、逆に音質的なメリットは、基本的にこのMPDに由来しているものだと思います。

 MPDは、“ラズパイオーディオ”が注目を集めた2010年代初頭に、Linux上で低負荷・高音質な音楽サーバーを構築できるサーバー用アプリケーションとして同時に注目され、その界隈で開発が続けられてきました。プラグインなどで柔軟に機能を拡張できるのも特徴です。このシステムに最もシンプルにアクセスするのは、MPDクライアントと呼ばれるアプリから、MPD(サーバー)にアクセスすることです。楽曲の再生処理からデータベースの構築まですべてサーバー側で行われるため、MPDクライアント(DLNA含む)とは、これをリモート操作・表示するアプリに過ぎません。

 PolyのMPDで構築されたシステムに対しては、MPDクライアントアプリか、DLNA準拠のアプリからアクセスすることができます。私は、より仕組みがシンプルなMPDクライアントアプリに絞って、運用方法を構築しました。

Polyのネットワーク機能

 大前提として、Polyのネットワーク機能は、ポータブルな既製品のデバイスとしては少し独特です。スマートフォンから操作できるといっても、スマートフォンアプリと1対1で通信するような“概念”では設計されていません。家庭の無線LAN環境、もしくは移動中であればスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなどのテザリング環境に、Polyとスマートフォンが“一緒に参加している”形が基本になります。実際に再生する際にはサーバーとクライアントという関係になりますが、少なくともネットワーク上のポジションは、親子の関係ではなく、対等な兄弟のような関係です。

 これは技術的には、Polyとクライアント機器(スマートフォンなど)には同じサブネットのローカルIPアドレスが割り当てられている必要があるということです。具体的には、192.168.0.1、192.168.0.10など、0の部分が同じ値のIPアドレスです。モバイル環境ではテザリング機能を使うというのも、テザリングで作り出されたLANにPolyとクライアント機器をぶら下げれば、同じサブネットのローカルIPアドレスが割り当てられるからです。MPDやDLNAは一般的に、この同一ネットワーク内からのアクセスを受け付けるようになっています。

 ちなみにLAN環境であればいいので、インターネット接続は必須ではありません。ただしPolyのファームウェアのダウンロード(自動)は、LANがインターネットに接続されている必要があります。

 スマートフォンを使ったモバイル環境ではテザリング機能を使用するとあって、当初はめんどくさいとか大掛かりだなとかいう印象でしたが、実際には以下のようにPolyを起動してテザリングのボタンをオンにするだけですし、Bluetoothのオン・オフ程度の手順と変わりませんでした。

 Mojo + Polyの電源オン → スマートフォンのテザリングをオン → テザリング網に機器が接続されたことが表示される → クライアントアプリを起動

 Polyの起動が完了しMPDクライアントでアクセスして利用している分には、安定していて、特に問題はありません。スマートフォン側の電池消費量は、テザリングとクライアントアプリの利用により増えますが、仕方がないとしか言えません。ただ、テザリングでネットワークを構成するといっても、Polyが大量のデータ通信をしているわけではないので、べらぼうに電池を消費するわけではないですが、このあたりはクライアントアプリの挙動とも関係しているので、一概には言いにくいところです。

 ネットワーク機能を俯瞰してみると、Polyのこうしたネットワークへのアプローチは、モバイル運用に限ると、最適だったと思えない部分があるのは確かです。モバイルと家庭内ネットワークの両方をとろうとすればこうなるのは分かりますし、Chordとしてネットワークプレーヤーなどをラインナップしてきた経緯を考えると、こうしたサーバー機能を選択するのも理解できます。楽曲ファイルをデコードするプレーヤー部分をLinux系のサーバーサイドアプリケーションであるMPDにしたのも、音質に対して実績があり、採用しやすかったのかもしれません。プレーヤー機器を作ったという感覚ではなく、ネットワークレンダラーを作ったつもり、という線が濃厚でしょう。

 「Hugo 2」などがある現状では、PolyはDLNAやRoonを捨て、モバイル運用で割り切ってよかったと感じられるのが正直なところです。どのみちMPDをコアにしている限り、ネットワークサーバー・レンダラーの方向性は変えられないでしょうが……。DACの裏面パネルには通常、いくつかの入力用端子が並んでいますし、同じ感じでネットワーク機能をいくつか追加したのかもしれませんが、ネットワークのインターフェースの増加は、切替を含め使い勝手として物理端子ほど綺麗には納まらず、結果的に取捨選択に失敗したように見えています。

「M.A.L.P.」

 私はAndroidスマートフォンを使っているので、MPDクライアントのAndroidアプリを探します。とはいっても、ジャンルがニッチであることに加えて、2018年初頭時点で更新が継続されているアプリは少なく、使い勝手や洗練度も加味していくと、「M.A.L.P.」というアプリ一択ということになりました。このアプリはGoogle Play ストアから無料でダウンロードできます。

 アプリも選択肢が多いと迷いますが、実質ひとつということであれば、それに合わせて運用しようとなります。「M.A.L.P.」の使い勝手は幸いにも上々で、我慢ならないほどの不満は感じていません。

アートワーク

 ただ、これは人によるのですが、アルバムのアートワーク(ジャケット写真)の表示については、Polyを運用する上でつまづいたり問題になることが多いようです。ざっくり言って、MPDクライアントアプリでは表示されないケースが多いからです。ジャケ写が表示されない音楽プレーヤーアプリ(正確にはリモート操作アプリですが)とかあり得ないでしょ……という人は、少し注意するというか、運用をDLNA系に寄せて、練り込む必要があるかもしれません。

 私はというと、Poly以前に使っていた「Shanling M1」+「HiByLinkアプリ」という組み合わせで、スマートフォンアプリ側にアートワーク一覧が表示されなかったため(再生中の曲のみ表示)、テキスト情報だけという表示に耐性ができてしまっていました(笑)。もちろん、表示されるにこしたことはないのですが。

 では「M.A.L.P.」ではアートワークが表示されるのかというと、イエスでありノーでもあります。オンラインのデータベースを参照してアートワークの画像をダウンロードしてくる機能はありますが、楽曲ファイルのタグに埋め込まれているアートワークは表示できません。これはアプリの欠点というより、タグ埋め込み画像を読まないという、そもそものMPDの仕様のようです。

 ちなみに「M.A.L.P.」ではアートワークのオンラインの参照先を「Last.fm」と「MusicBrainz」という2つのサービスから選択できますが、自分の持っている楽曲のアートワークが登録されているとは限らないのと、限定版など仕様の違うアートワークや、アーティストが同じというだけで異なる楽曲のアートワークが割り当てられたり、オンラインのデータベース側には存在するのになぜか参照に失敗したりするなどの挙動も散見され、結局完全な表示にはなりません。

 2つのサービスのデータベースの充実度は似たり寄ったりで一長一短といった感じですが、「Last.fm」のほうが少しだけ多いかもしれません。私はSDカードに入れて持ち運ぶ楽曲数が多くないので(定期的に入れ替える)、アートワークが出ないアルバムも数としてはしれており、データベース側に会員登録してアルバム画像をアップロードするという技もないわけではないのですが(笑)、めんどくさいのでまだ実行していません。

 「M.A.L.P.」には、2018年1月初旬のアップデートで、楽曲ファイルと同じフォルダにある画像ファイルをアートワークとして表示できる機能が追加されました。ただし、Polyとの組み合わせではうまく動かないようです。というのも、この機能はMPDが動いているサーバー側で、画像をホストするためにHTTPサーバーが立ち上がっている必要があり、Polyにはこれがないと思われるからです。

DLNAクライアント

 DLNA系のクライアントアプリは「BubbleUPnP」を使ってみるのですが、アートワークはタグ埋め込み画像を読めるものの、DLNAの仕様なのか、かなり小さいサイズに変換した上で拡大表示する形になり、理想的とまではいかない状態です。

 また、曲の頭で必ず電源ランプが複数の色に瞬くという、Mojoがデコードを判定し直しているような挙動になり、そのせいないのかアルバムをストレートに再生している状況でも毎曲、冒頭がフェードイン処理になります。これはアプリのせいないのかDLNAのせいなのかPolyのせいなのか、よく分かりません。

 加えて、「BubbleUPnP」アプリをスマートフォンの省電力駆動の対象から外しても、アプリをバックグラウンドにした上で画面を消灯(スリープ)すると、次の曲に移行しないという動作になり(フォアグラウンドならスリープしても大丈夫)、アートワークの表示以前に、ちょっと使いにくいと感じました。レンダラー、サーバーと設定する仕組みなども含めて、DLNAはシンプルさに欠けるという観念から、より挙動が安定しているMPDクライアントアプリに絞ったわけです。

こまりごと(Ver.1.0.10時点)

※原因がほぼ特定されました → 追記参照

 ネット上ではあまり話を見かけないケースですが、私のPolyは起動にかかる時間の振れ幅が非常に大きく、原因がよく分かっていません。このためレビューっぽい記事を書くのも二の足を踏んでいました。

 事実として起こっているのは、朝出かける前にMojo + Polyに電源を入れても、Mojoの電源ランプが赤に点灯したままで、場合によっては30分とかそれ以上、ずっとそのままという症状です。電源を入れ直すなどを繰り返すと起動が完了し、その後は通常と思われる1~2分程度で起動が完了するようになります。100%こうした挙動になるわけでもなく、自宅でもスッと普通に起動が完了する場合もあります。

 Polyは電源投入後にBluetoothのペアリング機器を探査し、その後にLANに自動的に接続しにいくという仕組みなので、電波が飛び交う環境がなにか悪影響を及ぼしているのかもしれませんし、全く別の要因かもしれません。もちろん自宅のBluetooth機器はすべてオフにし、周囲からBluetooth機器が検出されないようになっていても、上記の問題が出ます。

 起動に時間がかかることよりも、なぜそうなっているのかが、ランプなどから分からないことがより問題です。1.0.10では起動後のデータベース構築中の状態について、Pランプの点滅と色で分かるようになりましたが、私が出くわしている問題は起動完了前で、Pランプは消灯したまま。Mojoの電源ランプの色という、そもそも起動中は何を表しているのか不明な色のみが頼りになってしまっています。ちなみにうまくいくときは紫に点灯するか、赤からほどなくして紫に変わります。

 もっとも、ネットワーク・電波関連のノウハウはあまり蓄えていないであろうChordに、あまり多くを期待するのは避けたほうがいいのかもしれません。幸い、ファームウェアだけはそこそこの頻度で更新されているので、地道に改善を期待するしかありません。

追記:2018年2月1日>
 英ChordのQ&Aページが初期から更新されており、起動時間について回答がありました。Google 翻訳をベースに引用すると、以下のように回答されています。

いくつかのデバイスでは、特に冷たいときには、Polyの電源を入れるプロセスに短時間を要します。Poly 電源オンのプロセスは、USBを介して電圧を放出するMojoに依存しています。Mojoのダイオードが熱くない場合、電源を入れるのに時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

 これらのことから、Polyがすぐに起動しない場合、そもそもの電源オンの信号(電圧)をMojoから取得できていないということになります。というか、Mojoの2つのUSB端子はどちらも入力用で、外に向かって信号を出す設計ではないはずで、このあたりも影響して、Polyの電源のトリガーはトリッキーな実装になっているのかもしれません。小さなハットスイッチでもいいのでPolyに電源ボタンを付ければよかったという話ですが……。

 つまり、冬期にPolyを安定的に運用するには……以下ような対策が考えられます。

  1. Mojo + Polyと添い寝してホカホカのまま朝を迎える
  2. 朝イチMojo + Polyと一緒に暖房にあたってホカホカに温まる
  3. PolyのジャックにmicroUSBをぶっ挿して充電開始、強制的に覚醒させる

 Polyは充電のためにmicroUSBケーブルを接続すると、必ず起動してネットワークにつながる(探す)ようになっているので、充電するというアクションを「電源オン」というアクションに置き換えられます。外出時、使わずに持ち運んでいたMojoが冷えてしまった場合でも、モバイルバッテリーとUSBケーブルがあればPolyに“着火”できます。

 てっきりPolyは“起動の途中”で止まっていると思っていたのですが、そもそも電源がオンになっていなかったということであれば、こうした対策ができることになります。なんともアナログなお話です。

追記ここまで

Chord、アユート

 Polyの取扱説明書にはGoFigureというPolyの設定用アプリが提供されると書かれていますが、2018年1月末時点でもアプリはリリースされていません。英国では2017年10月にPolyが発売されていますから、3ヶ月ほど経過していますが……Polyの構想発表から発売まで2年かかったことや、Chordとして得意でもないであろうアプリ開発(あるいは開発の指揮)ということで、適度に諦めることも重要でしょう(笑)。人員や規模も含めて、間違ってもソニーやオンキヨーのような体制・方針と思わないことが肝要です。

 Polyが少し不幸なのは、Chordのもともとの、我が道を行く高級メーカーらしい、たいしてユーザーフレンドリーでもない姿勢に加えて、販売代理店のアユートも、精度の高い情報を提供できていない点です。アユートは基本的にはPCやPCパーツを取り扱う代理店で、展示会などで話を聞いた雰囲気からも、恐らく、オーディオ機器に対してそれほど人員・時間を割けていないことが窺えました。

 Polyの購入後に最初に直面する問題は、Polyが自動的にファームウェアをダウンロードし更新する際の挙動ですが、アユートのWebサイトで解説されているのを見つけて、初めて理解できました。A4の紙1枚でもパッケージに同梱するとか、販売店に渡してもらうようお願いするとか、簡単ではないのは分かりますが、していただきたかったところです。

 もっと問題なのは「ネットワークアプリ検証リスト」としてアユートのWebサイトに掲載されている内容で、MPDクライアントアプリのテザリングでの利用が軒並み「×」になっており、間違っています(2018年1月20日時点)。私は少なくともAndroidの「M.A.L.P.」と「MPDroid」で、テザリング環境でも利用できることを確認していますが、このことについて12月中旬にTwitterの公式アカウント宛に指摘したり、展示会のブースで担当者に口頭で伝えたりしましたが、1ヵ月がたってもリスト内容が修正される気配はありません。

 これらのことから分かるのは、Chordの開発・サポート体制やその速度には期待できず、日本の販売代理店であるアユートの情報も、その精度や速度には期待できないということです。ユーザー側で情報を集め、試していく姿勢が必要になります。

 Mojo + Polyは、音質的にMojoを活かし切るという点と、バッグやポケットにしまっていてもスマートフォンからすべて操作できるという点で魅力は非常に高く、困難を乗り越える原動力になっていますが、次はもういいかなという疲弊、愛憎相半ばする感覚もなくはない感じでしょうか。

 どうでもいいですけど、単品では意味をなさないポータブルDAC・アンプがこれほど世の中にあるのに、単品では意味をなさない「ポータブルUSBトランスポート」が出てこないのはなぜなんでしょうかね。画面とデコード、デジタル出力に特化し、DAC・アンプは省いたやつです。場合によっては画面は一行表示とかもでいいです。デコード品質にコストをかけて高級機並にして、スマートフォンから操作とかのネットワーク機能を加えても、DAC・アンプを削ればそこそこいい塩梅の価格に収まりそうなものですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.