トレジャーフェスタ in 神戸5

産婦人科M 「love me / 式波・アスカ・ラングレー」
産婦人科M 「love me / 式波・アスカ・ラングレー」

 「トレジャーフェスタ in 神戸5」に行ってきました。いつものように個人的になんとなく気になったものを取り上げていますので、造型業界の話題とはズレているところがあるのはお忘れなきようお願いします。

 トレフェス神戸は、東京の有明で開催される会と比べるとディーラー参加数はやや少なく、一般参加もまた少なくなることから、新作ラッシュで大賑わい、とまではいかないようですが、参加者視点では展示自体は適度な混雑でじっくりと見ることができました。

 夏のワンフェス(2013夏)は諸事情により行けなかったので、個人的にはリベンジのような感覚で、羽田←→神戸の飛行機で日帰り往復という行程でした。朝5時に家を出て9時前には到着したので待機列に2時間ほど並び、14時過ぎには会場を後にしました。神戸滞在は7時間程度で神戸空港から3駅の会場を往復しただけというジェット行程で20時ごろには帰宅しましたが、観光の趣味は希薄なほーなので本人的には楽しんでおりました。

 で、会場ではPOLY-TOYSさんにて、前回のトレフェスの記事でも触れていた「1/35 動物と遊ぼう」を購入。開場してすぐの段階で、当日版権に関係ない(Webサイトでも買える)作品を購入というのはなんか違う気がしましたが(笑)、ついでに同じく1/35のオリジナルで新作の「夏の風物」について伺ったところ、次の有明(トレジャーフェスタ in 有明10)で出す予定、とのことでした。

 会場ではほかに、TAIL-SLAPさんがオリジナルの小物として出品していた塗装済み完成品「ハロウィンいるか」を買いました。家で開封したら自立しなくて、ありゃ? とか思いましたが、実はカボチャの下にマグネットが仕込まれていて、鉄板などにくっついて自立する仕様でした。帽子をかぶって羽の生えたイルカというのもなかなか珍しいといいますか、たまには季節イベントっぽいアイテムもいいかなと思いまして(笑)。

TAIL-SLAP 「ハロウィンいるか」
TAIL-SLAP 「ハロウィンいるか」

 見て回って印象的だったのは、これまでオリジナル作品で独特の世界観を醸し出していた産婦人科Mさんが、版権モノで2作品を出品していたことでしょうか(冒頭の写真のアスカ)。美術作品のようなアプローチと言えばいいのでしょうか、強い個性や独自の解釈を反映させた作品で、同時に「これで版権下りたんだ」という驚きも。この人が作ったらこうなるんだ……という意外性という意味でも、非常に刺激的でした。前回のトレフェスで展示されていたのはコチラ

産婦人科M 「Nightmare In Knight Elf」
産婦人科M 「Nightmare In Knight Elf」
産婦人科M 「love me / 式波・アスカ・ラングレー」
産婦人科M 「love me / 式波・アスカ・ラングレー」

 ほかの話題としては、カラーレジンキットが着実に増えている印象でした。この記事でもblockboxさんのカチューシャを載せていますが、基本の着色がなされているキットでした。カラーレジンキットは、りゅんりゅん亭さんやリキッドストーンさんなどの作品をワンフェスやトレフェスで見たことはありますが、やはりコストはかかるようではあるものの、実験的な意味も含めて、ほかの比較的小規模なディーラーさんにも広がっているのかもしれません。

 さて、今回撮影した写真で現像した107枚の写真はSmugmugのギャラリーとして掲載しました。続きを読むの以下で紹介するのは57枚で、一部でSmugmugには掲載していないカットもありますが、私が撮ってきた全容(会場の全容ではないですヨ)や、現像・調整後の等倍サイズでご覧になりたい方はSmugmugのギャラリーを活用いただければと思います。

オリジナル

ガルパン

そのほか