WF2013冬と境界線上のホライゾン

RAMPAGE Ghost
エル・アゾゥル / RAMPAGE Ghost (原型:柳生圭太)

 「ワンダーフェスティバル 2013 冬」に行ってみました。幕張に移る少し前から足が遠のいていたので久しぶりのワンフェスです。カメラはD600+Micro-Nikkor 60mm F2.8Dで、フラッシュは持って行きませんでしたし、内蔵も使いませんでした。手振れが散見されるのは勘弁してください(笑)。2400万画素に助けられるカットもあれば、ブレが目立ってしまうカットもありなんとも試される結果になっています。

 今回のワンフェスはカメラの目的もありますが、なにかテーマを決めないとウロウロして終わりになるので、アマチュアディーラーについては事前に情報が入手できた「境界線上のホライゾン」関連の出展に的を絞ることにし、その合間にほかに目についたものを撮っていきました。企業ブースはあんまりチェックしていなかったので、当日ぐるっと回って目につたものを、って感じで、要するに基本は適当な感じです。

 ファイブスター物語、ゴティックメード関連は予想通り当日版権が下りていないようでパーマネントの製品以外はナシ。というかファイブスター関連は版権が下りていると一箇所に集めて展示されるのがこれまでの常なので、それが無かったわけです。

 もひとつ期待していたのは英雄戦姫関連だったのですが、こちらもアマチュアディーラーでは全然見かけませんでした。調べてないので、そもそも存在するかどうか知らなかったのですが、ざっと回った感じでは巡り合いませんでした(※実際にはけっこうあったみたいです)。企業ブースでは、グッスマブースにGiftの発売済み2013年発売のアーサー(下の写真)、そしてキューズQのブースに新シリーズ第1弾として製作中のパーシヴァルが無塗装で展示されていました。英雄戦姫GOLDをベースにした(?)アーサーがグリフォンエンタープライズで製作中であることも明らかにされたようです。

「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift
「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift

 全部で90枚以上とかになってしまったので、「続きを読む」の先で掲載します。


 
境界線上のホライゾン(ホール4~8)
 当然ですが「境界線上のホライゾン」関連を展示したすべてのアマチュアディーラーを撮影したわけではありませんのであしからず。4~8ホールに出展の企業も含まれていますが、1~3ホールの企業ブースはちゃんとチェックしなかったので、撮っていません。ひとつにつき複数カットがある場合は見どころが多いとか多分お気に入りとかそういう感じで深い意味はありません。伊達・成実を見かけなかったのがひじょうにざんねんですね!

そのほかのディーラー(ホール4~8)
 モーターヘッドを出していたキャストの製品は当日版権ではなく一般に販売する商品です。モンハン系は豪華ですね。どうでもいいですが、湯音、2体のマミ、そに子の3つは18禁コーナーの展示でした(笑)。

企業ブース(ホール1~3)
 ミクはセガのプライズ。シドニアの騎士は今読んでいるので嬉しいですね。ビビッドは売れそうですが発売はだいぶ先な気がします。アッセンブルボーグの新素体はかなりカッコイイですね。発売されたら買ってみようと思います。