LED電球買った

 


 
 世間を騒がすLED電球、地元商店街の街灯すらもつい最近LEDに。LEDといえばレッド・ミラージュ。それなのに我が家といったら……そんな焦りがあったかどうかは忘れましたが、パナソニックのLED電球「LDA6LE17A1D」を買ってみました。ただ買うだけではつまらないと思い、小型のE17口金タイプが発売されるのを待っていたのですが、気がついたら発売されていたので購入した次第です。

 E17口金タイプはミニレフとかダウンライトやスポットライトみたいな器具で使われていることが多いと思うのですが、私もベッドサイドで天井に向けて照射している読書灯代わりのライト、またの名をラノベ灯とも呼ぶまどろみライトにLED電球を使いたかったので、E17タイプが発売されるのを待っていたわけです。

 シャープをはじめ、パナソニック、東芝、NEC、三菱など各社のラインナップを見ると分かりますが、現時点で電球型のE17タイプをラインナップしているのはパナだけ(パナのラインナップ)。ほかのメーカーのE17タイプはキャンドル型とかスポットライト専用とかでやや特殊。量販店でも見つけにくいですし、そもそも電球の置き換えを狙ったようなものではないようです。もっとも、各社が電球型でE17タイプを出すのは時間の問題でしょう。

 さて、個人的な用途はすでに書いていますが、そもそもなぜ買ったかと言われれば、目新しいからです(笑)。E17タイプは小型なこともあって、私が買ったブツは現時点で1個4980円とちょっとコストパフォーマンスを考える段階ではないですが、消費電力5.5W、寿命約2万時間とスペックだけはなかなか豪華です(E26口金タイプの寿命は約4万時間)。2万時間は単純計算すると2年以上になるので、1日12時間使っても余裕で4年以上持つということになりますね、いちおう。ベッドサイドに使うというのも私なりに考えてのことで、読書をしながら寝落ちしてライトを消し忘れてもいろいろダメージが少ないんじゃなかろうか、と考えたからです。消費電力と寿命を考えれば、むしろいちいち消さなくていい気すらしますね。防犯用照明とかにもいいかもしれません。
 

 

 
 ちなみに発光素子としてのLEDは半永久的に発光するようですが、製品として寿命があるのは、そのほかの部品や部材のもろもろの経年劣化によるものだそうです。想像しづらいかもしれませんが、LED電球もそれなりに熱を出すので、そういう点も影響するのかもしれません。発熱対策から本体外周をフィン形状にしているメーカーもありますね。電球型で大々的に売り出したシャープも当初は発熱に苦労していたようです。私が買ったパナの「LDA6LE17A1D」は発光部のガラス?をじっと触るのはちょっと無理っぽいぐらいの熱を持ちますが、電球の時のように器具側まで熱くなるような熱は出ていません。これなら、夏場は使用がためらわれるということもなさそうです。

 スイッチを入れてからの発光は瞬時で、電球と同じ感覚です。電球型蛍光灯のような微妙なもたつきはありません。色については電球色を買いましたが、白めの電球色といった塩梅で、電球型蛍光灯の電球色に近い感じ。リアル電球ほどオレンジ色は強くありません。この色ですが、発光素子にバラツキがあることが取説にも書かれており、複数個購入すると多少違いが分かるものと思われます。現時点ではバラツキを制御できないか選別を適度に諦めていると思われるため、色(色温度?)にシビアな場面では少々難ありといったことろでしょうか。

 あと、私はもともとミニレフ球を使っていたところを交換したので違和感は無いですが、現在のLED電球の多くは、光の方向がある程度決まっています。ダウンライトやスポットライトとしてなら問題ありませんが、横側や根元側、つまり口金(ソケット)側へは光がまわりにくいので、購入するLED電球のサイズや照射方向、使いどころをしっかりとチェックされてから購入することをおすすめします。