Nexus 7

 6を飛ばして、というより7インチという意味でしょうが、Google/NexusブランドでAsus製のタブレット、「Nexus 7」を買ってみました。Asusが技適を通しているので、日本での展開も気になるところです。 (※2012年9月25日に日本でも発売されました)

 振り返ると、「Nexus S」「XOOM」「GALAXY NEXUS」とリードデバイス大好きっ子になっておりますが、7インチディスプレイのタブレットは今後激戦区になるのではないかと目される分野です。いろいなサービスでクラウド+マルチデバイス展開がさかんなので、パソコンにスマートフォンといった組み合わせにタブレット1つ増えたところでさほど面倒なことにならないのは今ドキならではでしょうか。

 ハードウェア面ではCPU(SOC)にTegra 3搭載ということでハイスペックな雰囲気ですが、全体的に見ると巧妙に取捨選択が行われており、それなりに考え抜かれている感じがします。

 液晶はIPS液晶で発色などに不満はありませんが、1280×800ドットで、解像度だけ見れば4インチクラスのスマートフォンと同じです。もちろん、物理的にデカイのでUI的には有利というか、タブレット向けのUIが反映されているようです。例えばGmailアプリではスマートフォンなら一画面ずつ表示していきますが、「Nexus 7」は左1/3を使ってラベルがリストで表示されるといった具合です。雰囲気としては10インチタブレット向けのUIをぎりぎり取り込んだ感じでしょうか。もっとも、「Nexus 7」は縦位置を基本としているので、若干の狭苦しさみたいな部分は目立ちやすいのですが。

 目についた部分は、マイクが2つ搭載されていることでしょうか。上側に1つと左側面の下側に1つ搭載されているのですが、左側面のマイクはどう使われているのか、分かりません(笑)。音声検索など通常は上側のマイクを利用します。左側面のマイクはノイズキャンセルの環境音取得用マイクと考えることもできますが、左側面にはクレードル用の端子が用意されており、つまりクレードルにセットすると塞がれてしまうので、使いドコロが謎というわけです。クレードルという点では、左側面にボタンは搭載せず、クレードル装着時に上になる右側面にボタンを集中させたのも、クレードルの利用が念頭にあったのかもしれません。

 このほか、背面の下側に用意されているスピーカーですが、実際に聞いてみた限りでは、ステレオスピーカーが搭載されているようです。10インチのタブレットにおいてはステレオスピーカーの搭載は珍しくありませんが、動画を迫力のある音で、みたいなコンセプトで搭載されることが多く、7インチかつ縦位置に最適化した配置でのステレオスピーカーは、珍しいかもしれません。 (※モノラルスピーカーということです) イヤホン端子からの音は思ったよりも良く、しっかり分離しながらも、しっとりとした印象です。

 意外なのは外向きのカメラが搭載されていない点でしょうか。こうした端末のユーザーならスマートフォンを持っているでしょうし、影響は限定的でしょうが、実際に搭載されていないと意外に思ってしまいます。外向きのメインカメラが無いことで、Ustreamをはじめとした配信用端末としては厳しいでしょう。

 インカメラは、顔認証によるロック解除に使いますし、ビデオ通話でも使います。マイクがGoogle音声検索に必要なのと同様、Googleのサービスを利用する上で最低限必要なデバイスという意味で、インカメラは搭載されていると思われます。

 残念だったのはUSB端子がMHLに対応していない点ですが、まぁこれも端末の位置付けを考えると、省かれても仕方がない気がします。

 無いといえばインジケーターランプがありませんね。「Nexus S」で搭載されず、「GALAXY NEXUS」で搭載されましたが、また非搭載になりました(笑)。充電を始めようがメールが届こうが、ディスプレイをスリープさせていると一切分かりません(着信音などは鳴ります)。

 アメリカでは199ドルから買える端末として、価格面でも訴求されていることもあり、上記のように巧妙に取捨選択が行われているのが印象的です。もっとも、199ドル~という価格については、NVIDIAが、Tegra 3搭載の製品が実現できる価格の一例として示しており、フォームファクタ的な部分も含めて低コスト化が図られた結果であって、赤字覚悟の端末というわけではなさそうです。

 背面の素材は柔らかくもなく硬くもなく、しっとりとした肌触りで落ち着いた印象です。端末は片手でつかめますが、背面が滑りにくいのは嬉しいところです。最外周の銀色のパーツはブラスト仕上げで無駄に主張しないのもNexusシリーズらしいイメージを踏襲していると思います。

 重さは340gで、片手で長時間、ぎりぎり持てる、といった感じでしょうか。

 プリインストールされるAndroid 4.1は、画面の描画をサクサクにするため、内部的に大幅に手が加えられているようですが、使い勝手としてAndroid 4.0からの大幅な変更はなく、細かな改善を重ねた印象です。

 ブラウザは標準でChromeがインストールされているので、ほかのプラットフォームのChromeと、ブックマークや開いたタブの共有が可能です。HTML5を駆使した星海社の「最前線」などもモタつくことなく、問題なく読めますし、TweetDeckのWebブラウザ版なども表示でき、ごろ寝モバイルにも最適ではないでしょうか(笑)。

  

Nokia Lumia 800

 ノキアの「Lumia 800」(香港版)です。OSはWindows Phone 7.5で、新生ノキアを象徴するモデルですね。

 ディスプレイは3.7インチ、800×480ドットの有機EL(AMOLED)で、ボディサイズは61.2×116.5×12.1mm、重さは約142gとなってます。大きさと重さは、分かりやすく言うと「iPhone 4S」とだいたい同じです。カメラは800万画素ですが、現状では、少なくとも私の個体は中心に青い曇りが出るので過信は禁物な感じです。IIJ mioのSIMカードで使っていますが、ファームウェアを現時点で最新の「1600.2487.8107.12070」にしたところ、電池の持ちは良くなったようです。IIJ mioのSIMはAPNを指定通り設定すれば問題なく使えますが、アンテナピクトは立ちません。これは「Nexus S」でも同じです。ちなみにこの「Lumia 800」に技適のマークはありませんので利用は自己責任となっております。

 「Lumia 800」とほぼ同じデザイン、近しいスペックで「Lumia 900」も登場していますが、「Lumia 900」のほうはディスプレイが4.3インチと大型化されているものの、解像度は800×480ドットのまま。この北米(AT&T)向けモデルはAT&TのLTEをサポートしているのが大きな特徴ですが、仮に日本に持ってこれたとしてもLTEどころかW-CDMAも使えるかどうかアヤシイ、というか対応周波数帯の仕様を見る限りでは使えない感じ。じゃぁW-CDMAは日本で使えるけどLTE非対応の英国版「Lumia 900」は、解像度そのままで画面がデカくなっただけということになり、精細感的にはけっこう残念な感じでは……ということで、「900」の存在を知った上で「800」を選んだ次第です。

 普段は4.7インチの「GALAXY NEXUS」(SC-04D)を使ってますけど、1280×720ドットと精細感や密度は目を見張るものがあります。が、単純にデカすぎるんですよ、画面(=ボディ)が。4インチ以上は物理的にもうちょっと無理があるっていうか、片手オペレーションではホントに指が隅に届かず限界を感じるので、今後はそのあたり、真剣に考えて選びたいと思いました。個人的にですが、今後の理想は4インチ以下でなおかつHD以上の解像度って感じでしょうか。

 Windows Phone自体はメーカーによる独自色がほとんど出せないサダメのようで、「Lumia 800」のOS部分でノキアらしい部分といえば、着信・アラームの音や、UIのテーマカラーに「nokia blue」が用意されているぐらいでしょうか。もっとも、「Lumia 800」のボディカラー、Cyanでデフォルトに選ばれているテーマカラーは「ブルー」で、「nokia blue」はもっと濃い青なため、Cyanとはマッチしません(笑)。

 侮れないのは着信・アラーム音の類。ノキアが好きな人にとっては、有名な着信音「Nokia Tune」に特別な思いを抱く人もいるかと思いますが、着信音はいずれも完成度が高く、突き刺さるように刺激的ではなく、かといって聞き流してしまうほど地味でもない、非常に質の高い音が揃っています。

 アラーム音はさらにすごく、といっても個人差はあるでしょうが、ノキアのアラーム音は本当に目覚めやすいというか、鳴った時の“急に起こされた感”が無く、かつて「Nokia N82」で初めてアラーム音を使って起きた時は「こんなにスッキリと起きられるのか」と驚いたものです。「Lumia 800」では、当然ながら「N82」から音自体は変更されていますが、いずれも秀逸なアラーム音が搭載されています。

 ノキアは世界市場で圧倒的なシェアを誇っていたフィーチャーフォン主体の時代から世界中に研究機関を設けており、当時(ノキアが日本市場にいた頃)は日本でも電車の中の利用動向など、継続的に調査を行ない、世界中のケータイの“使われ方”“文化”といった面に踏み込んでノウハウを蓄積していました。現在のスマートフォンメーカーのようにハイエンドモデルから攻めていくスタイルはある意味では簡単ですが、途上国を含めローエンドの端末まで幅広く手がけていたノキアにとっては、“一般大衆”がどのように使っているか、というのは重要なテーマだったわけです。上記の着信音なども、そうした研究成果の末に生み出されたと言われたら納得できるような、磨き上げられた説得力があるのは確かです。

 ちなみに、ご存知のように当時もノキアはストレート型端末が主流だった訳ですが、剛性を確保した設計がなされており、日本では折りたたみ型が主流だったこともあって、“犯罪現場で犯人がすぐに壊せなかった端末”として警察から感謝されたこともあったそうです。

 アラーム音などもそうですが、スペック表には表れない、名門メーカーとしての意地や誇りのようなものが、数年ぶりに手にしたノキアの端末から感じ取れ、「この人たち、ぜんぜん死んでないじゃない」と嬉しく思ったところです。

 そうした意地のようなものは、UI面ではWindows Phoneの仕様上、影が薄くなっているものの、逆にボディデザインには色濃く反映されています。

 ワンピースのボディは美しく仕上げられており、平滑度、上下端に向かう緩やかなカーブ、セミグロスの塗装といずれも非常にレベルが高いですね。スピーカー(とおそらくマイクも)を下部の面にまとめ、CEなどの印字もここに集約し、背面の目障りな印字を無くすなど、ミニマルな外観へのこだわりは相当なもの。上部のUSB端子のカバーはシーソー式に跳ね上がる方式で、閉じている時は無駄な溝も存在しないという徹底ぶり。FCCのID表記に至ってはSIMスロットを開けたわずかな場所にシールで貼られています。

 正面を覆うGorilla Glass採用のディスプレイはカーブドガラスですが、「Nexus S」や「GALAXY NEXUS」のように凹んでいるのではなく、わずかに反り返った形状です。といっても大部分は平らで、上下端がボディデザインに沿って傾斜している、という感じです。もっとも、ハイライトの入り方は平面とは少し異なるので、サイクロップレンズを平たくしたような不思議な印象になっています。

 ワンピースボディは剛性感が高く、140g超でずっしとした“塊感”を感じますが、やはりこのくらいのサイズは持ちやすく、少なくとも大きさの面ではモバイル機器の最適解でないかと思わされます。Windows Phoneのカスタマイズ性の低さはAndroidユーザーからするともどかしい部分ですが、アプリがどの端末でも使えるというのは、プラットフォーム全体を俯瞰すると、Androidには無い安心感ともいえます。iOS/iPhoneとAndroidの中間といったところでしょうか。Windows Phone自体、大きく方向転換した7.5が登場してからそれほど時間が経っているわけではないので、何事も徹底して粘るマイクロソフトの諦めの悪さに期待したいところです。
 

Nexus Sのドロイド君カバー

 


 
 GoogleのNexus Sの背面カバー(バッテリーカバー)を交換する形で使う、ドロイド君バージョンのカバー(だけ)が売っていたので買ってしまいました。ロゴなどは同じ位置で、色もパッと見は似たようなものですが、デフォルトのカバーが細かいドットのせいで黒く見えるのに対し、ドロイド君カバーはややクロームメタリックの地が目立つといったところでしょうか。本当に色が違うだけかもしれませんが。ドロイド君は離れて見ると大きな水玉のよう、と言いたいところですが、シルエットがいびつなので、昆虫っぽくてキモいというかなんというか……。

 このカバーを付けた状態のNexus S本体も買物隊で売られていたので、カバー自体は純正の特別バージョンと思われますが、詳しくは知りません。ちなみにドロイド君バージョンのカバーにはNFCのアンテナと接点はありません。
 

Nexus S

 


 
 久々の携帯電話として、GoogleのNexus Sを買ってみました。Nexusシリーズ第2弾で今回はサムスン製です。1shopmobileのTwitterで告知された12月17日にメールで注文し、即日で決済を行い、12月25日に(!)受け取れました。通信販売で購入するタイミングとしては最速の部類ではないでしょうか。価格は送料込みで729ドル、クレジットカードへの請求額は6万2285円でした。別途受け取る時に支払った関税は1700円です。

 ハードウェアについてはWebサイトの案内におまかせしますが、湾曲したディスプレイはちょっとだけユニークな部分でしょうか。見え方まで歪むわけではないので日常的な見え方は変わりませんが、ディスプレイを下にして置いた時に画面が傷つきにくい、とか、そういう二次効果はあるかもしれません。

 背面のロゴとカメラリングには色が付いていますが、それ以外はブラックで統一されており、シンプルなデザインです。背面はGALAXY Sのように細かなドット柄ですが、目立ちにくい印象です。写真ではピッカリ写りこんで銀色のように見えますが、実際は濃いめのメタリックブラックです。ディスプレイ側は、スリープで画面が消えると、4つのタッチセンサーボタンのバックライトも消え、「真っ黒な塊」になってしまうのも、ミニマルなイメージを狙ってのことでしょうか。個人的には気に入っていますが。ディスプレイの下にある4つのボタンは、Android界隈では最近問題になりつつありますが、並び順が各機種でバラバラで、慣れるまで少々時間がかかります。また、実際に手にすると、GALAXY Sもそうですが、かなり軽く感じます。
 


 

 

 ディスプレイはサムスンのスーパーAMOLEDです。有機ELは、自発光ゆえのドスの効いた「真っ黒」な暗部表現、濃い発色、限界まで広い視野角などが特徴です。ですが、色味の調整は難しいようで、輝度により白・グレー系の発色が段階的に異なる印象です。私が触ったことのある有機EL搭載の携帯電話やNexus Oneも、赤みがかっている傾向があったように思います。

 今回のNexus Sはというと、輝度が低い状態ではやや緑がかった色になるようです。具体的な傾向は個体差やロットによって違ってくると思われますが、白やグレーでは、このズレた色の傾向が目につきやすいですね。一方、輝度を高くするにつれ白系の色はどんどん白くなり、設定画面の輝度のスライダーで半分を超えるあたりからは、白系もほぼ完璧な発色になります。

 初期設定では環境光センサーによる自動調整がオンになっているので、暗めの室内だと自動的に輝度が低くなり、緑がかった画面が印象に残りがちですが、明るい屋外だと輝度が高くなるので、完璧な発色になります(笑)。自動調整をオフにして輝度を常時高めに設定しておく手もありますが、ディスプレイは電池を最も消費する部類なので、できれば自動調整オンで運用したいところです。

 そのほかハードウェア的な部分ですが、いわゆる着信ランプのようなインジケーターはありません。メールが着信していたり、電話の不在着信があったりしても、ピカピカ光って知らせてくれることはありません。電源ボタンを押してスリープを解除しないと分かりません。まぁこれはふつーに不便です。受話口の右にあるのはインカメラ、左にあるはの近接センサーと環境光センサーで、LEDの窓ではございません。

 microSDカードには非対応なので、SDカード経由のデータのやりとりや継承などはできません。個人的には、これまでもmicroSDカードは入れっぱなしで、着脱はほとんどしませんでしたし、Nexus Sの内蔵メモリは16GBもあるので、容量面で困ることはなさそうです。

 


 
 動作は基本的にキビキビとしていて、各種のアニメーションもなめらかに表示されているようです。スリープモードなどでディスプレイがオフになる時に、ブラウン管の電源を切ったときのようなエフェクト(プツンッってやつ)が入るのはちょっと気に入っているところです。

 OS的な部分では、Android 2.3ということでまぁ各所で取り上げられているような要素がのっております。SIPの通話が通話機能に統合されているのですが、日本ではまだ利用の仕方が限定的かと思われます。NFCについても、アプリが無いってのもありますが、使う場所が無い、というのが今の状況でしょうか。

 テザリングについては、USBテザリングは試していませんが(笑)、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」はエラーが表示されて有効になりません。私が買ったNexus SのパッケージにはT-Mobileの小さな冊子が入っていたのですが、勝手な予想では、北米における入手経路や販売元のキャリアにより、そのあたりの機能は無効になっているのかもしれません。SIMカードで判別はしていないと思うのですが……。あと、海外の端末では珍しくありませんが、いわゆるマナーモード(サイレントモード/バイブレーションモード)だとカメラのシャッター音は鳴りません(笑)。
 


 
 文字入力まわりも従来より改善されているのですが、範囲指定が一発決めでビックリするほど使いにくかった従来のテキストのコピペ操作は激的に改善され、普通になりました。テキスト上をドラッグするとルーラーのようなものが表れ、コピー範囲を微調整でき、背景色が付いた範囲指定済みエリアを再度タップするとクリップボードにコピーされます。

 日本語入力ですが、ATOK トライアルは現時点ではAndroid マーケットに表示されないようです。正式版提供後に期待でしょうか。Simejiは強制終了するケースが散見されたため、(※Ver. 4.5.2で修正されています) 今日の時点ではOpenWnn フリック対応版に落ち着いています。

 ドコモのSIMカードを入れて起動すると、そのままAndroidが日本語環境で起動し、ひらがな、カタカナの表示については問題ありません。が、漢字は中国語用のものが一部で代用されており、微妙に形の違う漢字があります。フォントのインストールや置き換えがどの程度テクニカルなことなのかはこれから勉強するところですが、直せるならそうしたいところです。

 余談ですが、壁紙はpixivで公開されていた じぇん氏のイラスト(pixivへのリンク)です。

 Nexus Sを所有し、使うメリットとは、Nexus Oneがそうであったように、Google/Androidサービスのリファレンスモデルとして最新のOSやサービスが随時提供される(と期待される)ところでしょう。2010年を振り返っても、Android界隈の進化の速さは眼を見張るものがありました。キャリアやメーカーブランドでは追いつけない速度といっても過言ではありません。もちろんリスクも含んでいますが、そうした最先端のモバイルサービスをいち早く体験できることに期待したいですね。今のところ最低限のセットアップを済ませて使い始めたところなので、SIMロックフリーの端末ですし、いろいろ試してみたいところです。

 ちなみに技適マークは外装、ソフトウェア表示ともに無いので、同様の製品を入手して使用するのは自己責任でお願いします。
 

XperiaになったXperia

 


 
 いや、裏蓋を海外版に変えてみた、というだけのお話です。初見はこっち(写真右)だったので、微妙に嬉しくもあり、今さら感も少しアリ。発売後2カ月にして買物隊で購入できました。ロットの違いかナンなのか、びっみょーに色味が違いますが、並べて比べないと分かりません。液晶側のボディとはメッキパーツで分断されているので、装着後に違和感は無く一安心です。