Xbox EliteコントローラーをWindows 10で使う

 「Xbox Elite ワイヤレスコントローラー」(以下Eliteコントローラー)が発売されたので、“Windows 10用として”買ってみました。

 このコントローラーは「Xbox One Elite」とセットになっているコントローラーで、米国、欧州ではコントローラー単体でも、本体セットと同じ2015年10月末に発売されました。日本ではこのコントローラーがセットになった「Xbox One Elite」が2015年11月19日に発売される予定ですが、(恐らくコントローラーの)生産数が当初少ないことを見越してなのか、日本でのコントローラー単体の販売は、2015年11月初旬時点でもアナウンスされていません。関係筋によると年内の単体販売は難しいとの情報もあり、コントローラーだけ欲しい人はしばらく我慢の時期になるようです。

■輸入しました

 私はというと、いつぞやのXbox Oneコントローラーと同じく輸入を画策しましたが、9月下旬になって探し始めたところ、米国のAmazon.comではマイクロソフトのリージョン管理に従ってか、日本への輸出をしない販売店がほとんで、eBayを含めて、すでにプレミア価格に値上がりしていたため、まだ平穏だった英国のAmazon.co.ukで注文しました。

 英Amazonでの注文日は10月10日で、マーケットプレイスの販売店ではなく、Amazon.co.ukが販売・発送する(プレミア価格でない)商品を予約できました。英Amazonではその後、発売日や入荷状況が二転三転したものの、比較的初期の予約であったためか、11月2日に発送され、少しだけ速い配送にしたので11月4日に自宅に到着、不在だったため翌5日に受け取ることができました。

■Windows 10で使います

 Eliteコントローラーの概要は、すでに日本語で紹介している公式ページがあるので割愛しますが、ここではXbox Oneを持っていない(!)私が、Windows 10で利用する際の環境を含めて紹介していきます。

“Xbox EliteコントローラーをWindows 10で使う” の続きを読む

Xbox One ワイヤレス コントローラーをWindowsで使う

【2015年8月3日】 記事末尾にWindows 10での挙動を追記しました。
【2015年11月10日】 別記事で「Xbox EliteコントローラーをWindows 10で使う」を公開しました。
【2016年11月17日】 Windows 10対応で、USBとBluetoothに両対応の新モデル「Xbox ワイヤレス コントローラー」が発売されました。これから買うならオススメだと思います。

  
 「Xbox One ワイヤレス コントローラー」がWindowsで使えるようになるUSB接続用のドライバの提供が開始されたというので、米Amazon.comで「Xbox One Wireless Controller」だけ買ってみました。充電式電池が付いたプレイ&チャージキットとのセットではなく、コントローラー単体です。購入時の価格は49.87ドル、送料込みで62.85ドル(6697円)でした。2014年6月の時点で日本で並行輸入品として売っている価格より少し安かったですが、Xbox Oneが日本で発売されたらコントローラーも5980円で発売される予定です。急いでない人は2014年の9月を待ちましょう(笑)。

“Xbox One ワイヤレス コントローラーをWindowsで使う” の続きを読む

内蔵音源の調べ ~半導体競争曲 第八章~

 比較的ハイ・フィデリティな音の話題が多い当方ですが、ロー・ファイも変わらず愛しておりまして。NSFコンペ「Famicompo mini Vol.8」の開催(投票期間は2012年2月23日まで)に合わせて、死蔵していた「TNS-HFC3」を引っ張り出してきました。拡張音源搭載カセットは未入手だったので、プチプレミアなサンソフトの「ギミック!」以外は通販サイトでまとめて購入しました。

 コンペの楽曲ともなると制作年次は現在なわけですし、実機演奏はTNSシリーズなど一部の自主流通アイテムで実現するものですから、楽曲制作者は基本的に実機演奏を前提に制作していないと思われますが、拡張音源を複数使わない曲が多いオリジナル部門の楽曲は、思っていたより再生できる楽曲が多いようです。

 ただ、普通に再生できているように聞こえても、拡張音源の一部が正常に出ていない場合や、音は出ていても拡張音源のボリュームのバランスが異なる場合などもあるので、コンペの審査という用途に限っていえば、実機演奏はあくまでもプラスアルファの再生環境として扱うべきものであることは変わりません。

 パソコンで再生した場合との音の比較ですが、もちろんパソコン側の設定なども影響してくるでしょうが、実機演奏はさすがにエッジの立ったシャープな音で、分離も良いですね。矩形波を浴びるとばかりに(笑)内蔵音源の独特の心地よさを存分に堪能できます。

 写真では「TNS-HFC3」が裸ですが、拡張音源を搭載したカセットを楽曲に合わせて抜き差しすることになりますし、公開されている図面を参考にケースを作りたいと思います。

PSP TO HDMI CONVERTER 「MG1000-am」

 
 マグレックスから発売された「PSP TO HDMI CONVERTER 『MG1000-am』」を買ってみました。

 この製品は3月10日発売で、その日にAmazonで注文しましたが、3月11日の震災でAmazonの倉庫が被害を受けたことから、出荷時期の問い合わせがマグレックスからきていました。選択肢は2つで、Amazon倉庫の出荷から、臨時の措置としてマグレックス倉庫からの出荷に切り替え、なるべく早く出荷を希望するというもの、もうひとつは、Amazonの出荷体制が復旧するまで待つ、というものでした。私は、このアイテムを友人などが集まる場所で使うつもりだったこと、暗いニュースでふさぎこんでいる人に対して、みんなでゲームで盛り上がって明るくなって欲しいという思いから、なるべく早い出荷、という希望を返信しました。19日の午前中に届いたので、可能な範囲で速やかに出荷していただいたようです。この場を借りて感謝申し上げます。
 

 

 

 
 この製品に注目したポイントは、PSP専用アップコンバーターと割りきって分かりやすいことと、映像に加えて音声もHDMIで出力できる、という点です。音声出力は3.5mmのステレオミニジャックも用意されています。詳細な仕様はWebサイトで解説されているので、そちらを確認していただければと思います。説明書に書いてあるようなことはほとんど解説されています。

 本体ケースはアルミ製で、手にするとひんやりとした仕上がりです。「MG1000」本体とPSPとの接続は専用ケーブルを用い、本体側では独自配線のD-Sub 9ピンを使います。PSP側に接続するプラグは、SCE純正の映像出力ケーブルの端子と同じですが、「ZOOM」ボタンが(ちょっと強引に)追加されています。

 
 では個人的に注目していた音声のHDMI出力について。実は付属の取扱説明書には

HDTVやHDMI対応ディスプレイからもオーディオが出力されますが、ノイズなどが発生する場合がございます。その場合、オーディオはスピーカーやイヤホンから出力してください。(HDMIからのオーディオ出力は保証の対象外となります)

 という記述があり、いきなり脳内で暗雲が立ち込めたのですが、私の環境ではHDMIをAVアンプに入力するからか、ひと狩り行っている間も音声のノイズは発生しませんでした。上記の記述は深読みすると、「スピーカー付きのテレビに直接HDMIで入力した場合」と読めるため、AVアンプを経由している我が家ではノイズを回避しているのかもしれません。関係ないかもしれませんが。

 追記:ほかのAVアンプで使用したところ、ボリュームを大きめにすると「キピー」といった、高周波ノイズのような音が発生する場合がありました。ゲーム中はあまり気にならないレベルでしたが、場面が切り替わる時などBGMが無くなる時に、おや? と思うかもしれません。いずれにせよ、使用する機器の組み合わせや、ボリューム位置などにより変わってきそうではあります。万全を期すなら3.5mmジャックを利用するのがよさそうです。

 遅延については、アップコンバーターという仕組み上、発生します。MG1000でもわずかながら発生し、例えばMHP3の「虫の木シーソー」のベストタイミングは逃すことが多くなると思います。ゲームのタイプ、プレイの習熟度により評価は分かれるでしょうが、シューティング、アクションなどで非常にシビアなタイミングが要求されるプレイをする場合、慣れるまで多少時間がかかるかもしれません。

 
 画質については、本体のボタンで1080p出力に切り替えた上で、ゲームが始まってから「ZOOM」ボタンを押し、全画面表示にした状態をチェックしてみました。下の画像は27インチのパソコン用ディスプレイにAVアンプ経由で出力したものです。
 

 

 
 全体の感想としては、アップコンバート処理であることを考えれば妥当なところだと感じました。ディスプレイをコンパクトデジタルカメラで撮影した写真を2つ用意しましたが、タクティクスオウガでは「港町ゴリアテ」という文字の「町」の「田」が少し潰れています。JPEG処理の結果ではなく、肉眼でも同様に潰れて見えます。これは、タクティクスオウガが、PSPのディスプレイに合わせて表示やアンチエイリアス処理を徹底的にチューニングしていることも影響しているでしょう。アップコンバート後では差が目立ってしまう印象です。全体的には、多少ぼやけた印象は残るものの、にじみやブレは最小限で、前述のように必要十分な画質だと感じます。

 MHP3の画像では、アイテム説明欄の文字「調合の概念を~」の「概念」など、複雑な文字はぼやけて見えますが、やはり肉眼でもこんな感じで見えています。MHP3では全体的に文字の輪郭が甘くなるのも共通した傾向でしょう。一方、目立った破綻は無いので、ディスプレイから一定の距離を置けば、細かいディテールの違いも気にならなくなります。PCディスプレイのように物理的に距離が近いとアップコンバート感が気になるかもしれませんが、大型のテレビに接続し、ゆったりとした空間で使うなら、ゲームへの没入を妨げることはないと思います。どちらかというと、RPGのように文字や数字を頻繁に読むゲームより、MHP3のようなアクションゲームが向いていると思います。

 さっそく出かけて、100インチ相当のプロジェクターでMHP3をプレイしたところ、私を含め、集まった全員が「モンスターがデケェ!」「怖ぇよ!」と、視界を埋め尽くすフルスクリーン表示の迫力に驚いたのが印象的でした。
 

 

 
 最後に使い勝手ですが、本体のボタンによる1080p/720pの切り替えは、ゲーム画面の出力中だと切り替えに失敗するケースがあったものの、うまくいく場合もあります。頻繁に切り替えるようなものでもないので、XMBが表示されるPSPのホーム画面で切り替えを済ませておくのが無難でしょう。それ以外は、あまり難しい要素はないと思います。ちなみに、写真で左上に表示されている「1080p」や、ZOOMボタンで切り替えた時に表示される「STANDARD」「ZOOM」といった表示は、約5秒程度で消えます。

 パッケージにはHDMIケーブルも付属するので、買ってすぐに使えるのは嬉しいですね。測っていないのですが、同梱のHDMIケーブルは1m程度、PSPとMG1000をつなぐケーブルは2m程度だと思います。ディスプレイが50インチぐらいまでならこの長さで十分ですが、100インチクラスになるともう少し距離をとりたくなりますね……。
 

アナログパッドのアタッチメント

 


 
 東京ゲームショウでモンスターハンターポータブル3rd(MHP3rd)が大々的にお披露目されましたが、同時に発表されたPSP-3000の「ハンターズモデル」でアナログパッドが特別仕様になっているのにちょっと驚いてしまい、悔しくて(?)ノーマルPSP-3000用のアナログパッド・アタッチメントを買ってしまいました。

 MHPシリーズのユーザーは特に、栄光のクタラギワークスの残滓であるところの最高にデキが良くポジションから動き、サイズまで文句の付けようがないアナログパッドにどう対処するかという課題を抱えているとかと思われますが、ご存知のようにPSP-3000はパッドのユニットが変わったせいでパッド部分を簡単に分離できません(PSP-1000は引っこ抜くだけで外れる)。で、おなじみの各社からアタッチメントとして商品が出ているので、今回はホリの「アタッチメントセット ポータブル」を買ってみました。

 アナログパッドのアタッチメントは各社ともそうですが、上からかぶせるだけのものです。素材は熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)で、柔軟性と硬度を兼ね備えています。装着した状態でPSPの十字キーと同じぐらいの高さに収まるので、見た目の違和感は少ない感じです。ホリのこの製品には5種類のアナログパッド・アタッチメントが付属しています。十字キー用アタッチメントも2種類付属しますが、十字キーについてはあまり困っていないのと、MHPシリーズでは左手の人差し指で十字キーを操作する人なので、これ以上キーに高さが出るとちょっと……というところです。

 アナログパッドは、最もグリップ感があり好みに近いと感じられた、純正のパッドと同じ細かい格子状の模様が刻まれたタイプを選びました。触り心地は純正パッドとほぼ同じで、グリップ感も同様。一回り大きくなったことで「指先で操作している感覚」が薄れ、安定感が増しているほか、高さが出ている分、純正のようなペラペラ感が無く、まさに正統進化といった塩梅です。

 


 

 ただ、アナログパッドのアタッチメントはそのままかぶせているだけなので、プレイに熱中して力を入れすぎると、ズレたり、そのままポロっと落ちてしまうこともあります。そこで、薄めの両面テープを使って固定しました。そうすると、アタッチメントが比較的しっかりとパッドに固定され、一体感が向上します。

 MHP3rdが出る頃には「ハンターズモデル」のアナログパッドを真似たアタッチメントが出ているかもしれませんが、ひとまずアタッチメント自体の有効性をチェックする意味でも使っていきたいと思います。