The Floating Mug

_DSC5324

 「Kickstarter」で出資していた「The Floating Mug」の量産が開始され、出資者向けの特典として1個送られてきました。すでに会社「The Floating Mug Co.」も設立されたようで、Webサイトでは一般向けに販売も開始されているようです。

 ユニークな形状が目に留まり、Kickstarterで出資したのがもう……いつだったでしょうか(笑)。かなり早い段階だったと思いますが、プロジェクトの出資募集は2012年8月に締め切られ、合計で573人が出資、1万5000ドルの目標から大きく超えた3万9981ドルの出資を得てプロジェクトはスタートしました。

 量産の準備段階では想定外のトラブルもあったようですが、概ね予想の範囲の期間で完成したのではないでしょうか。このプロジェクトでは、出資者に対し、プロジェクトスタートから現在までに合計で25件の経過報告が行われています。試作や量産の現場、発生した問題と今後の予定など、刻々と報告される様は、製品開発の現場にまさに参加しているような気分を味わえました。同時に、Kickstarterで出資するようなプロジェクト全般に言えることですが、工場で量産するプロダクトというのは、長い時間や辛抱強い調整が続く作業であることも実感でき、いち消費者として目まぐるしく進化するWebやIT界隈の時間感覚に慣れていると、非常に新鮮で、待ち遠しく感じていました。

 ちなみに、「The Floating Mug」の企画者は米国・ノースカロライナ州の人ですが、工場の関係からか、量産品はチェコ共和国から「Ceska posta」で発送されてきました。今後Webサイトで購入した場合はどうか分かりませんが……。

_DSC5339

_DSC5340

 さて、この浮遊マグと名付けられた「The Floating Mug」ですが、見た目の通りマグカップの底が浮いている構造です。飲み口から垂れてしまったり、結露したりしても机を汚さない、コースターいらずの構造というわけです。

 その見た目から「ボキッと折れないのだろうか」と心配してしまいますが、そのあたりは試作の段階から言及されており、どデカいボトルを上に乗せても大丈夫、みたいな写真が初期に公開されていました。製品版を紹介するWebサイトではハーフ・ガロン(約1.9l)の重さに耐えると紹介されています。実際の量産の段階では試行錯誤もあったようですが、届いた製品の取っ手の部分にヤワな印象はなく、かなりガッシリとして微動だにしない印象です。もちろん、中身を入れてもグラグラしたりプルプル揺れることはありません。

 デザインが綺麗にまとまっているので分かりづらいのですが、強度を確保するため、この特徴的な取っ手のサイズは大きめです。マグカップ単体で見るとそれほど違和感はありませんが、取っ手部分は実際は中ジョッキの取っ手ぐらいの大きさ・太さがあります。

 カップ部分はマグカップとして標準的なサイズで、冒頭の写真のコーヒーで約220mlが入っています。取っ手は少し太いなと感じますが、“マグカップで飲む”という印象からは大きく離れていないと思います。逆に、小さな取っ手で、飲み口が薄いカップに入れてコーヒーや紅茶を繊細に味わいたい、という場合にはあまり向いていないでしょう。

_DSC5347

 Webサイトでは、生産場所は欧州で、エキスパートな職人が製造していると紹介されています。マグカップ本体は磁器(porcelain)で、色は綺麗な白です。ベージュ系のカップなどと並べると、光源によっては青みが少し目立つかもしれません。食洗機、電子レンジでの使用に対応しています。手洗いの場合、隙間の部分は少し洗いにくいですね(笑)。現在、製品版は約36ドルと、マグカップとして気軽に買える値段ではないような気もしますが、ユニークなデザインなのと、使用感として大きな不満もないので、一味違ったマグカップを探している人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

トレジャーフェスタ in 有明9

 2月のワンダーフェスティバル(WF2013冬)に続いて、「トレジャーフェスタ in 有明9」に行ってきました。今回の私のテーマはずばり「ガールズ&パンツァー」です。2012年12月に2話を残して放送が一旦終わり、最後の2話は2013年3月に放送されたとあって、関連アイテムは5月のトレフェスが満を持して登場するタイミングになったようです。もっとも、最終話の内容を反映したもので溢れていたかというと、そうでもなかったので(笑)、単に版権許諾の具合なだけかもしれませんが……。

 ガルパン系フィギュアの特徴は、ガルパン関連の戦車模型の人気を受け、同スケールの1/35で展開されていることが多い点でしょうか。ぶっちゃけかなり小さいのですが、今回のトレフェスではけっこうな数のディーラーが1/35スケールのガルパンフィギュアを販売していました。また、一部は2月のWF2013冬でも展示されていましたが、ねんどろいど的なデフォルメをしつつ1/35スケールの戦車に乗せられるようにしたものもいくつか見られました。私は「RAMPAGE Ghost」さんの1/35スケール(原型:柳生圭太)の西住殿、秋山殿、冷泉殿をぞれぞれ買ってみました。

RAMPAGE Ghost 「1/35 西住殿・秋山殿・冷泉殿」 (パンツァージャケット)
RAMPAGE Ghost 「1/35 西住殿・秋山殿・冷泉殿」 (パンツァージャケット)

 こうした1/35スケールの(戦車などに対応する)美少女フィギュアというジャンルが盛り上がっているのか、それともアマチュアでも実は昔からずっとあったのかちょっと私には分からないのですが(一部のディーラーや企業の製品があるのは確かですが)、原型師の浅井真紀氏がWF2013冬を総括した話の中で言及していたのが、「POLY-TOYS」さんの1/35スケールのリアル系女子高生フィギュアについてで、フィギュアで一般的な1/8や1/12スケールとは異なるジオラマ的/箱庭的な魅力(サイズ的にも容易)でアピールしていた、ということでしたから、ミリタリー系に固執しない1/35スケールの美少女フィギュアというのはもっと増えてくるのかもしれません。ちなみに「POLY-TOYS」さんは1/35スケールのガルパン隊長セットをWebサイトで予告されてますが、会場では「1/35 動物と遊ぼう」の続きとなる製品が案内されていました。こうなると次に欲しくなるのは1/35スケールの屋台や神社仏閣でしょうか?

POLY-TOYS 「1/35 動物と遊ぼう」
POLY-TOYS 「1/35 動物と遊ぼう」
POLY-TOYS 「1/35 情景フィギュアシリーズ #02 “School Girls Summer Tradition” 『夏の風物』」 予告
POLY-TOYS 「1/35 情景フィギュアシリーズ #02 “School Girls Summer Tradition” 『夏の風物』」 予告

 今回のトレフェスでは、1/35スケールのキットに対応したオリジナルのキャラクターを戦車に乗せているものがいくつかありましたが、調べてみるとガルパン以前から作られているようです。そりゃあ、そうですよね(笑)。とはいえ、「POLY-TOYS」さんをはじめ、ガルパン系1/35スケールフィギュアではデジタル原型+業者抜きという組み合わせもいくつかあったので、デフォルメ感の薄いリアル系(?)のバランスでの精緻な1/35スケールフィギュアの増加は、こうした制作環境の変化も影響しているようです。

 会場をまわっての感想は、武装神姫シリーズに加えるようなパーツや、1/12スケールのアクションフィギュアと組み合わせる下駄箱や自販機、得物などのパーツ・アクセサリー系は、その内容がユニークなこともあってよく目につきました。ワールドタンクミュージアム(WTM)やマツオカステンのような1/144スケールの戦車もいくつか見られ、比較的マイナーな戦車や10式、現代の無人機、ジオラマなどもありました。

 このほかはいつものように、ミリタリー系やロボット系、オリジナル系、まだマイナー(?)なタイトルの美少女系などを主に撮ってきました。会場全体の感じからすると美少女フィギュアの写真はかなり少ないはずですが、そのあたりは他所様にお任せします。「英雄戦姫」はヒイキのタイトルなので撮ったものは自動的に全採用されました(笑)。あと、やっぱりオリジナルキャラクターやメカは応援したいですから、複数枚になっているものもあります。なお、撮影した時刻の関係で、彩色済みサンプルの展示が終わっていたり、ディーラーが撤収したりしていたので、ごく一部のディーラーは展示のさらに一部だけしか撮れていないケースがあります。

 カメラ的には「D600+60mm MICRO F2.8G」に「ニッシン MF18 デジタルマクロ」という組み合わせです。写真はすべて、手振れ回避のためにシャッター速度を1/80に固定、(シャープさよりも)被写界深度を十分に稼ぐためにF値はF22に固定し、ISO感度はオート(上限6400)です。もっとも、フラッシュを使うので高感度域にはならなかったようです。「MF18」はTTLモードで、アングルや被写体との距離によって細かく分割発光の比率や発光量を調節しました。思ったような光の回り方になったものもあれば、思うようにいかなかったカットもあり、さすがに使いこなせたと実感できるところまでは行きませんでした。現場ではカメラの背面モニターで確認しながら発光量を+1.0EVなど、増加させることが多かったのですが、帰宅後にLightroomで現像していると、結果的にこの発光量の調節は余分だったカットも多くありました。

 写真はテーマ別に「ガールズ&パンツァー」「1/35スケール フィギュア(ガルパン以外)」「ミリタリー・ロボット(版権)」「オリジナル」「キャラクター(版権)」「1/12スケール 小物」の6種類に分けました。

 キャプションのディーラー名については卓に掲示のものに準拠していますので、委託元は分かる範囲で記入していますが、製作ディーラーの名前と異なる可能性があることを予め理解しておいていただければと思います。

 上記のようにかなり個人的なトレフェスレポートですが(笑)、写真ギャラリーはうっかり表示すると点数が多いので「続きを読む→」で掲載しています。

“トレジャーフェスタ in 有明9″の続きを読む

海洋堂フィギュアワールド

_DSC2824

 5月2日~7日に渋谷の東急百貨店・東横店の西館8階催事場で開催されている「海洋堂フィギュアワールド」に行ってきました。食玩やカプセルトイでおなじみの動物や海洋生物、宇宙関連、戦車・戦闘機などのミニチュアフィギュアを始め、リボルテックなどの可動シリーズ、動かないフィギュアも含めて過去に販売された製品の多くが一堂に会しています。また、展示コーナーの最初には海洋堂初期の一点物フィギュアなどを中心にしたコーナーで過去の名作も紹介されています。展示の概要は公式Webサイトに譲りますが、「おまけフィギュア」「カプセルフィギュア」シリーズなどは全容を見られると思うので、集めていた人には見応えのある内容になっていると思います。

 見応えという意味では、海洋堂を代表する5人の造形師、BOME、松村しのぶ、竹谷隆之、山口勝久、榎木ともひで各氏の作品を展示するコーナーも設けられており、特に一点物などは凄まじい造形力を目の当たりにすることができます。

_DSC2781

_DSC2788

 また、販売された製品にフルスクラッチの造形物を加えるなどしたジオラマ/ヴィネットで見せるコーナーもあり(冒頭の写真)、まぁ買うだけの人にとっては「ちょっと俺も作ってみるか」とはならないレベルですが、ヴィネットで見せることで、フィギュアの持つ違った(本来の?)魅力を紹介していました。

 私はというと、チョコエッグや最初のワールドタンクミュージアム(WTM)などの食玩シリーズはすごく印象に残っており、WTMは今でも部屋に飾ってありますが、そのほかのシリーズ、というかサイズや販売形態を問わずフィギュア自体をほとんど買わないため(!)、知らないモノ・コトが多いのですが、「造形師列伝」では作品や商品が造形師単位でまとまって紹介されているので興味深く見られました。

 会場では物販コーナーもあり、どうやらレアになっているような商品もお蔵出し的に販売されていたようです。私は店頭では見かけることも少ない「ブラモデル」の74式、90式、87式を買えたのでなかなか満足でした。

 実は、模型誌などではすでに予告されている新しいWTMのシリーズや、ワンフェスで展示され、2013年中の登場が期待されているアッセンブルボーグの新素体に関する情報や展示があればと期待していましたが、これらは特に紹介されていませんでした。現行アッセンブルボーグは体験コーナーがありましたが。新製品という意味では、発売前のリボルテックなどいくつかが紹介されていたので、以下にギャラリーから抜粋して写真を並べておきます。見切れてますが一番下のエヴァ8号機βはリボルテックヤマグチシリーズのNo.139です。

_DSC2800

_DSC2843

_DSC2844

_DSC2851

_DSC2853

_DSC2846

_DSC2848

 写真撮影については、会場で問い合わせたところ「どんどん撮ってかまわない」と許可を頂けました。ケータイで撮影している人もかなり見かけました。先日紹介したマクロリングフラッシュ「ニッシン MF18 デジタルマクロ」を実戦投入だと意気込んで持っていったのですが、現場の展示は特大サイズの造形物を除いてすべてアクリルのケースに入っていたので(当たり前といえばそれまでですが)、フラッシュがケースに反射してまともに撮れませんでした(笑)。フラッシュ発光部を外して手持ちで上からかざす、とかやればいいんでしょうが、デパートの催事場ですから……ね……結局ノンフラッシュ・高感度頼みの写真になりました。

 続きを読む の写真ギャラリーは展示の順路に沿った撮影順です。仕事じゃないので各フィギュアの詳細は省きますが、なんというか、興味を惹かれたものだけ撮ったので、実際はカプセルトイなど商品化されたフィギュアがもっともっとたくさん展示されています(笑)。

“海洋堂フィギュアワールド”の続きを読む

WF2013冬と境界線上のホライゾン

RAMPAGE Ghost
エル・アゾゥル / RAMPAGE Ghost (原型:柳生圭太)

 「ワンダーフェスティバル 2013 冬」に行ってみました。幕張に移る少し前から足が遠のいていたので久しぶりのワンフェスです。カメラはD600+Micro-Nikkor 60mm F2.8Dで、フラッシュは持って行きませんでしたし、内蔵も使いませんでした。手振れが散見されるのは勘弁してください(笑)。2400万画素に助けられるカットもあれば、ブレが目立ってしまうカットもありなんとも試される結果になっています。

 今回のワンフェスはカメラの目的もありますが、なにかテーマを決めないとウロウロして終わりになるので、アマチュアディーラーについては事前に情報が入手できた「境界線上のホライゾン」関連の出展に的を絞ることにし、その合間にほかに目についたものを撮っていきました。企業ブースはあんまりチェックしていなかったので、当日ぐるっと回って目につたものを、って感じで、要するに基本は適当な感じです。

 ファイブスター物語、ゴティックメード関連は予想通り当日版権が下りていないようでパーマネントの製品以外はナシ。というかファイブスター関連は版権が下りていると一箇所に集めて展示されるのがこれまでの常なので、それが無かったわけです。

 もひとつ期待していたのは英雄戦姫関連だったのですが、こちらもアマチュアディーラーでは全然見かけませんでした。調べてないので、そもそも存在するかどうか知らなかったのですが、ざっと回った感じでは巡り合いませんでした(※実際にはけっこうあったみたいです)。企業ブースでは、グッスマブースにGiftの発売済み2013年発売のアーサー(下の写真)、そしてキューズQのブースに新シリーズ第1弾として製作中のパーシヴァルが無塗装で展示されていました。英雄戦姫GOLDをベースにした(?)アーサーがグリフォンエンタープライズで製作中であることも明らかにされたようです。

「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift
「英雄戦姫 1/8 アーサー」 / Gift

 全部で90枚以上とかになってしまったので、「続きを読む」の先で掲載します。

“WF2013冬と境界線上のホライゾン”の続きを読む

NATO G10 ストラップ ロイヤルブルー

_DSC5195
_DSC5179

 10年ほど前に購入し、5~6年ほど愛用した後はワインディングマシーンを温めていた我が家のシーマスターなんですが、どうせ使わないのならカスタマイズでもしてみるかと思い立ち、NATOストラップを入手してみました。高級腕時計の話題はこれまでも気が引けていたのですが、冷静に考えると度々紹介しているカメラも自転車もこの時計より高額なことが判明したので(笑)、深く考えずに紹介したいと思います。

 購入したのは正規ライセンスの「NATO G10 ストラップ」で、購入した「クロノワールド」でデッドストック品として紹介されていたものです。デッドストックうんぬんはともかく、シーマスターのネイビーと同系統の色のナイロンのストラップ(バンド)を探していたので、「ロイヤルブルー」と紹介されていた今回のブツは調度良い塩梅でした。

 ネイビー系の色はサッと探しても、(正規ライセンスの)NATOストラップではあまり見かけなかった色でした。写真を見る限りストラップの裏地の仕様が今流通しているNATOストラップと異なるのが、このデッドストック品の特徴でしょうか? 大きめの凹凸が出るような模様が裏地側に織り込まれており、滑り止めの効果はあまり感じませんが、蒸れや発汗対策としてはいいのかもしれません。

_DSC5188

 さて、被験体となるシーマスターは、自動巻き、クロノメーターなどのスペックはお馴染みのものですが、実はこれ、ボーイズサイズなのです、なぜか(笑)。ボーイズサイズは今でもオメガのラインナップにありますが、メンズより小さく、レディースより大きいサイズです。購入当時はけっこう痩せていたこともあり、比較的大きいメンズサイズのシーマスターはどうにも細い手首には大きすぎて似合わないと思っていたのが、ボーイズサイズを選んだ理由です。実際その通りだったと思いますが、ボーイズサイズでもストラップの幅は18mmで、確かメンズサイズと共通のはずで、シーマスターのメタルストラップのデザインは比較的有名なものですし、結果的に一回り小さい時計本体(ケース)が強調されてしまうのですね。普段はあまり気になりませんでしたが、メンズサイズをしげしげと眺める機会でもあると、とたんにボーイズサイズの“なんか違う感”を実感してしまうのです(笑)。

 そんな少しの後悔もありつつ、ケースもストラップもキズだらけになるまで使い倒し、本人的には十分満足した上でワインディングマシーンに収めていたのですが(後釜がアクアタイマーなので色々な意味で戻れないというのもありますが)、NATOストラップなどを見かけるうちに、ストラップの交換でイメージを変えれば、ケースの小ささを強調されてしまう軛(くびき)から逃れられるのではないかと思うに至りました。あと、アクアタイマーはケースが非常に厚いのでYシャツの袖の隙間に入らないという問題が時折起こるというのも、あるっちゃあ、ありますし、服などとの色の組み合わせで、腕時計の色にどうしてもバリエーションが欲しくなる時はありますね。どうでもいいですけど掲載して気付いたんですが、ベゼル最外周のパーツ、ズレてますね(笑)。いい頃合いなのでオーバーホールにでも出して、直せるかどうか聞いてみましょう……。

_DSC5190

 届いた「ロイヤルブルー」なる色は有難いことに想像通りの大人びたネイビーで、シーマスターとの統一感もなかなかではないでしょうか。ケースの微妙な小ささも気にならなくなりました(笑)。黒のストラップだとさらに引き締まった印象になるでしょうが、まぁそこはナイロンの安価なストラップなので、思案を続けるくらいなら買ってしまうほうが早そうです。装着・交換も簡単なので違う色も欲しくなってしまいます。

 つけ心地は、当たり前ですがとにかく軽くて薄い、という印象です。ストラップ部分だけで考えれば、ライブイベントや遊園地の入園証のような肌の感覚です。軍モノということで警戒していた部分もありましたが、不快なほどザラザラしたり肌触りで痛い、といったガサツな印象はないですね。さすがにストラップの先端は規定に従って熱処理が施されているので、ナイロンが溶けて固まったチクリとする仕上げのままですが、ストラップが長く、先端は折り返してベルトループの内側に入れてしまうのが定番の着用法なので、ストラップの先端に触れる機会は実は着脱する時ぐらいになっています。

 使い勝手っぽいところでメタルストラップと大きく違うのは、前述のように、メタルストラップとくらべて非常に軽くなる点です。これにより、腕に巻いた時のバランスの取り方が大きく変わります。どうなるかというと、ルーズめに巻いていた場合、ケース(時計本体)がメタルストラップの時より動くようになります。メタルストラップはストラップ自体に重量があるのでケース自体の重さは幾分相殺されるわけですが、NATOストラップのような薄くて柔らかいナイロンベルトでは重量物はケースだけになり、従来と同じ感覚で巻いていたらケースが移動しやすく、実際にケースがクルンと向こう側に回ってしまうことが1日のうちに何回か起こりました。なので、普段の感覚からすると気持ちタイト目に(穴1つ分ですが)巻くようにしています。

 ベルトループや尾錠(バックル)などの金属パーツは、高級とまではいきませんが、あからさまな安っぽい仕上がりではないのは有難いですね。これらパーツの表面仕上げは、今回購入したブツについてですが、ピカピカなポリッシュ仕上げではなく、セミグロスといったところで、色々なデザインのケースにそつなく組み合わせられそうです。

 メタルのストラップもそれはそれで手応えとしてアリだとは思いますが、ナイロンストラップの軽快なつけ心地は時計そのものへのイメージも変わるので、飽きてきたころにはおすすめではないかと思いました。

_DSC5200
_DSC5203
_DSC5194