Mojo+Poly、Chord“モバイルサウンド”への愛憎

 英Chord Electronicsの「Poly」(ポリー)が、ついに、2017年12月8日に発売されました。日本での販売・サポートはアユートで、私はフジヤエービックで予約し、先着特典のケース付きで購入できました。

 さて、あれはいつのことだったか……ポータブルDAC/アンプの「Mojo」(モジョ)が発売されたのは2015年11月で、その頃に開催されたヘッドホン祭りで、今後の展開として、Mojoにドッキングするタイプの“無線LAN機能を追加するモジュール”や“SDカードリーダーのモジュール”の開発が予告されました。私はこのSDカードリーダー機能に非常に惹かれ、これの発売が確定したらMojoと一緒に買おうと思っていました。

 しかし時は流れ、続報がないまま1年が経過し(笑)、忘れかけていた頃、2017年1月初旬のCESに合わせて、Polyの情報が初めて公開されました。蓋を開けてみると、無線LAN機能やSDカードリーダー機能はひとつにまとまり、操作は外部からやスマートフォンアプリから行うのが前提という、思い切ったネットワーク志向の仕様で、このタイミングで私はMojoを買いました。

 しかしやはり時は流れ(笑)、春頃と思われていた発売も順調に伸びていきます。2017年7月に開催された「ポタフェス」にてアユートのブースで聞いたところ「技適(※通信機器の認証)は通っており準備はできているが、生産ラインをHugo 2にまわしており、量産開始が遅れている」との回答でした。この時点で、秋頃まで伸びるかな~という感触で、実際に米国のMoon Audioなども発売時期の記載が毎月延期されていましたが、結果は2017年10月に本国のイギリスで発売、日本での発売は2017年12月8日という形になりました。まぁ、つまり、構想発表から2年が経過しているわけですね。100万円コースもごろごろしている超高級オーディオメーカーであるところのChordとしては、2~3年ぐらいの開発はなんてことないかもしれませんし、Mojoの開発には3年かかったそうですが、スマートフォンやテクノロジー業界に浸かっている身としてはめちゃくちゃ待たされた、むしろ途中で少し忘れてた……というのが正直なところでしょうか。

 もっとも、そのPolyのコンセプトやユニークさは失われていないですし、ベースとなるMojoの仕様も、市場のPCMやDSDの進化の速度が落ち着きはじめていたこともあってか、世間から取り残されずに耐えています。

 ちなみに、展示会などで、Mojoを試聴した人が「バランス接続だったら……」と担当者にコメントしていく場面を見かけますが、ChordのDAC製品の機能は基本的に、ESSや旭化成などのDACチップを使わない「FPGA」(半導体の機能をプログラムで自由に実装できる基板)で実現されており、楽曲データのアナログ化に際してのタイミングや時間軸に対し、(少なくとも同時代に提供されている)DACチップでは実現できない、正確性を非常に重視した独自のアルゴリズムが組まれています。Chordのデジタル回路設計担当のロバート・ワッツ氏がメディアのインタビューで答えたところによると、FPGAや、プログラムで実装されるWTAフィルタ、パルスアレイDACを駆使したChordのアプローチでは、シングルエンド(アンバランス)でもノイズや歪みが少なく、既存のDACチップをバランス化する時のようなメリットは少ない、という考えのようです。

 実際にポータブル機器におけるバランス化は電源に対する負担が大きいとされ、メリットを十分に発揮できないという懸念もあるようです。ユーザー側も、盲目的にバランス化を求めるのではなく、ChordのFPGAのように、継続して取り組まれているコンセプトの製品は特に、開発者の意図を汲んだ上で利用していきたいものです(フラグ)。

 最初に、忘れられがちな(?)音について触れておきます。私はそれまでMojoに対して「Shanling M1」のUSBデジタル出力を、ShanlingのUSBケーブル(SHANLING L2 TypeC to Micro USB cable)で接続して利用していましたが、Polyでは、音質はめざましく良くなりました。

 一言で言うと「鮮烈」で、明るく生き生きとして、切れ味の鋭いシャープな音です。Mojoってこんな音も出せたんだと驚くと同時に、「これが、ChordがMojoで出したかった音なのか」と少し感心してしまいました。

 Polyはまだまだ運用しづらい部分も多い、課題の残っている製品ですが、このサイズでこの音を持ち運べるなら、と苦労を許せてしまうのも、私にとっては一定の事実です。逆に、音質的な向上がなかったら、以下のようなめんどくさいことは投げ捨ててFiioとかCowonとかを物色しはじめていたかもしれません。

“Mojo+Poly、Chord“モバイルサウンド”への愛憎” の続きを読む

JH Audio Lola 新次元ミドル

 JH Audioの「Lola」を買ってみました。カスタムIEMとしては2010年7月に買った「UE 18 Pro」以来で、ちょうど7年ぶりになりました。

 日本での発売日の翌日にあたる6月18日にフジヤエービックで注文し、6月30日に「今から作るけど、あんたコレ、この内容でホンマにエエの?」(意訳)とフジヤ経由で確認の電話があり(笑)、8月2日になって店に商品が到着したと連絡がありました。実際の製作期間は1ヵ月弱とみられ、注文からは1ヵ月半で入手できたことになります。注文時には「納品まで3ヵ月は覚悟すべし」とおどされていましたが、カスタムアートワークなし、ロゴも無し、ボディとフタはふつーに用意されている色(T5 – Blisterine)で統一と、普通づくしなので早かったのかもしれません。

 JH Audioは初めてなので、耳の型(インプレッション)の採取は、フジヤエービックの店頭でちょうど実施されていたインプレッションサービスを、店頭での注文の直前に利用しました。前回の「UE 18 Pro」の時は須山さんで採取したので、シリコンを固めている最中に口を数回開閉する方式(今では須山式というらしい)でしたが、今回の採取ではいくつかある中からバイトブロックを選んでみました。小さい発泡スチロールでできたブロックをくわえたままにして、採取中はアゴを動かさない方式です。

 装着感ですが、バイトブロックの関係なのか、須山式で作った「UE 18 Pro」よりも全体的にタイトな印象です。一方、耳の中に入る先端の形状は、「UE 18 Pro」が平たくカットされた形状だったのに対し、「Lola」は金属のパイプも含めて丁寧に丸く仕上げられており、耳の奥で固形物が接触する感覚が減って、快適になりました。

 エージングは、以下のレビューではひとまず50時間が経過したところで最初にチェックし、70時間以降で本格的に聴いてみましたが、80~100時間ぐらいはいるかもしれません。鳴らし始めて1時間ぐらいしてから、少なくとも30時間ぐらいまでは、高音域が刺さるようにキツくなったり、潰れて色あせたようにバランスが悪くなったりして、それなりに暴れましたが、50時間弱でキツさは無くなりました。70~80時間ぐらいで高音域は存在感が戻ってきます。この頃になると中・低音域も無駄を削ぎ落としたように存在感がしっかりとしてきます。


“JH Audio Lola 新次元ミドル” の続きを読む

Campfire Audio Jupiter + ALO SXC 8

 
 UE 18 Proを買ったのが2010年7月で、気がついたら5年以上も経過していました。だからというわけではありませんが、しばらくぶりのイヤホンとしてCampfire Audioの「Jupiter」を買ってみました。ケーブルのALOから派生したブランドということもあり、せっかくなのでALOの「SXC 8 Earphone Cable – MMCX – 3.5mm」(2015年4月のマイナーチェンジ前のモデル)も一緒に買って合わせてみました。

 Campfire Audioについては、日本ローンチのかなり前ですが、最終に近いOrionのプロトタイプを試聴する機会があり、BAのシングルドライバーでも幅広い帯域をカバーした、非常に明瞭な音に驚いたという経験がありました。Jupiterは2ウェイ4ドライバーで構成はハイエンド寄りですが、Campfire Audioの目指す音というのがなんとなく見えていたので、具体的な製品が発表されてからも注目していました。
 



“Campfire Audio Jupiter + ALO SXC 8” の続きを読む

Calyx M with X-batt

 デジタルオーディオプレーヤー(DAP)として使っている「Calyx M」向けに、換装用の大型バッテリー「X-batt」の発売がアナウンスされたのが……2015年の春の前だったでしょうか? 日本でもJaben Japanのオンラインストアにて受付が開始され、私は最も早いタイミングと思われる3月中旬に注文しました。4月に発売との当初の案内から、5月初旬、5月末、と順調に延期され、6月中旬に届きました。

“Calyx M with X-batt” の続きを読む

Resonessence Labs CONCERO HP

 Resonessence Labsの「CONCERO HP」を自宅用のDDC/ヘッドホンアンプとして買ってみました。日本では2013年8月の発売なので、今から1年以上前に発売されていることになりますが、ハイレゾ音源の配信フォーマットが、販売レベルにおいてはある程度落ち着いてきたように見受けられるので、現時点でフル対応といって差し支えない「CONCERO HP」を自宅用に導入してみた次第です。「CONCERO HP」に合わせてUSBケーブルもWireworldの赤くて平たい「Starlight 7 USB 2.0」にしてみました。主に組み合わせているヘッドホンはリケーブルした「HD650」です。

 本体は想像よりも小型でしたが、基板の乗った底面以外はアルミの削り出しで、肉厚でズシリとした安定感があります。私はすでに、Resonessence Labsのラインナップでは入門用ともいえる「HERUS」を買って、その音の傾向は気に入っていたので、買う前に「CONCERO HP」に期待していたのは正統的進化(発売時期は逆ですが)といったものです。逆に不安だったのは、「HERUS」が想像以上のパフォーマンスを見せてくれたので、「CONCERO HP」になんとなく満足できなかったらどうしよう……というものでした。

“Resonessence Labs CONCERO HP” の続きを読む