ワンダーオリジナル 2 – WF2014S

ReplyFrom... 「銀腕のナザ」
 
 7月27日に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2014夏」(WF2014S)に参加してきました。2月9日に開催された前回の「ワンダーフェスティバル2014冬」は、前日の大雪の影響で開催にも大きな影響が出ましたが、今回は季節柄の猛暑という以外は、ゲリラ豪雨が夕方あったぐらいで特に大きな混乱もなく終わったのではないかと思います。

 前回のワンフェスは出展側も遅れるところが多数ありましたが、ただ参加するだけの私も正午をまわってからの会場への到着となり、オリジナル作品に的を絞ってもなお時間が大幅に足りませんでした。そうした意味では今回はちょっとしたリベンジのような心持ちで臨んだのもまた確か。8時半ごろに待機列に並び、10時30分の少し前には会場に入場できました。

“ワンダーオリジナル 2 – WF2014S”の続きを読む

アルティメットニッパー

Photo & Video Sharing by SmugMug

 
 模型製作で使うニッパーに新たな風を起こしているという、ゴッドハンドの「アルティメットニッパー 5.0 SPN-120」を買ってみました。以前から気になっていたものの、店頭に入荷するとすぐに完売してしまうので機会を逃していましたが、Amazonで入荷するとTwitterの公式アカウントでアナウンスされていたのを見て、(適正な価格で)購入することができました。

 仕事をし過ぎて同業者から「○○○さんは実は7人いる」とか噂される有名ガンダム系プロモデラーが愛用しているとか、ホビー誌で紹介されたとか、最近ではいろいろ話題も出てきていますが、とりあえず切れ味がウリのこのニッパー。ニッパー自体はあれば便利とかいうものではなく模型製作の基本ツールですから、素人でも恩恵にあずかれそうです。

“アルティメットニッパー”の続きを読む

トレジャーフェスタ in 有明11

figureneet 「鏡音リン 〜メランコリックver〜」
 
 2014年5月5日に東京ビッグサイトで開催された「トレジャーフェスタ in 有明11」に行ってきました。大きい物、小さいものを買いつつ、例によって“個人的に”惹かれたアイテムの写真も撮ってきました。王道な感じの版権モノ美少女フィギュアはあまりございませんのであらかじめごりょーしょーください。

“トレジャーフェスタ in 有明11″の続きを読む

ワンダーオリジナル – WF2014W

N.S.F 「グラディエーター娘」(原型:clone09)

 2月9日に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2014 冬」に行ってきました。2月8日の大雪の影響が残る中、出展者側にも来られない、遅れるといった影響が出ましたが、なんとか無事に終えられたようです。

 今回ですが、以前からもっとしっかりと見てみたいと思っていたアマチュアディーラーのオリジナル作品に的を絞り、写真を撮影してみました。ワンフェスは元々一人で網羅できる規模ではありませんから、あれもこれもと追いかけていると時間が足りません。さらに今回は私の到着時間が遅れたこともあり、実際に歩いてまわれたのはアマチュアディーラーのエリアの9割程度、そのうち早期撤収や大雪で来られなかったディーラー、単純に見逃したディーラーなどを含めると、見られたのはアマチュアディーラーの6~7割という推測です。その足でまわった中から、個人的に気になったオリジナル作品をいくつか撮影させてもらったという形です。

 以下のリンクは、Smugmugにアップロードした写真です。キャプションにディーラー名、作品名も入れています。本記事でも抜粋して、後半で紹介しています。

 → ワンダーフェスティバル 2014冬 (オリジナル) (147枚)
 → ワンダーフェスティバル 2014冬 (版権そのほか、少量)(44枚)

 なるべくオリジナル作品に時間を割きたかったので、版権モノなどは、「これは素通りできない!」という(要するに贔屓のタイトルの)ものだけ撮影しました。時間の都合で18Kブースと企業ブースは手付かずのまま閉会時間を迎え、企業ブースについては撤収準備が始まる中で2カ所ほど見ただけになりました。艦これ、ガルパン、ラブライブなどは基本的に撮影していませんのでのあしからず……。

 ちなみに、ちゃんと少しだけ買いまして(笑)、お札の数を勘違いしていて途中で資金不足になりましたが、戦利品は以下のような感じでした。「んどぱら屋初代組」さんの「1/35 ソラノミナ37 ダイナタック1200cc」(冊子付きでした)、「TTToy」さんの「Ma.K ノコノコラプター」、「はるきこーぽれーしょん」さんのガイコツ(の一番小さいの)、の3点です。パルトのダイナタック以外はわりとその場のノリで買ってしまいました。主に自分が原因で買えなかったのは「POLY-TOYS」さんの「1/35 夏の風物」、企業ブースではモデルカステンのJKシリーズ、アオシマのあおこのソフビあたりです。

WF2014冬で買ってきたもの
WF2014冬で買ってきたもの

 

ハイライト

 撮影できた中から個人的なハイライトを挙げるなら、ディーラー「N.S.F」さんの 「グラディエーター娘」(原型clone09)と、ディーラー「CREA MODE」さんの「MERINA」(メリナ)です。

N.S.F 「グラディエーター娘」(原型:clone09)

 「グラディエーター娘」は、グラビア立ちのように腰や体幹にしっかりと表現が加えられ、大胆な露出度の体と骨格が強調されながらも、顔の大きさや配色はアニメ的な目になじみのあるバランスで、写実とアニメの微妙なブレンド具合が魅力的でした。剣闘士というモチーフに対し、足や手のパーツの近未来的なアプローチも同様に二面性があり、世界観にも興味が湧いてきます。猫耳と見せかけて実はそうではない、というのも面白いですね。

 
CREA MODE 「MERINA」

CREA MODE 「MERINA」

 CREA MODEさんの「MERINA」と新作の「Madonna Lily」は、異なる配色の2つがそれぞれ展示されていましたが、展示された「MERINA」は割りととんでもない存在感で、腰に手を当てた堂々した佇まいや意志の強さを感じさせる瞳(とメイク)に非常に惹きつけられるものがありました。配色やデザイン、細かなディテールへのこだわりが全身にまんべんなくあり、対してフラットなエリアである足やおでこが女性キャラクターの魅力として一層引き立てられ、高度にバランスされているように感じました。こうしたことからか、冷静に考えるとやや謎なポーズ(キャットウォーク?)も、不思議と説得力を感じてしまいます。

 続きは、上記Smugmugにアップロードした写真から抜粋したものです。

“ワンダーオリジナル – WF2014W”の続きを読む

アッセンブルボーグ∞NEXUS

Photo & Video Sharing by SmugMug

 11月1日に発売された「アッセンブルボーグ∞NEXUS」が届きました。フィギュア王限定カラー版も一足早く届き、新素体のネクサスが2体揃いました。11月現在、通常版の店頭販売は海洋堂のショップなどに限られるようですが、オンラインでは今回からAmazonでも販売されています。

 実際に触れてみると、可動範囲の広さに加えて、その自然なプロポーションに驚かされます。もちろん自分でポーズを付けるので、いくらでも不自然には作れますが、リボルテックジョイントの刺さる方向、可動範囲、パーツの分割、可動させた後のシルエットなどはいずれも考えぬかれており、ポーズを付けながら「実際の人間ならどうするんだっけ?」などと自分で手や足を動かしてしまうこともしばしば。肘のはりかた、手のひらの向き、腰のひねり方などを変えるだけでポーズが持つ説得力が激変していく様は、時間泥棒の名にふさわしいデキです。デザイン面でも、これまでがシンプルで素材としての側面が強かったのに対し、SF、ロボット的なアプローチが高密度に盛り込まれ、素体単体での完成度も非常に高くなっています。

 アッセンブルボーグはオリジナルのキャラクターとして、もともとアクション性を究極に高めたデザインがなされていますが、もうひとつの特徴はブロックトイのような組み換えによる無限の可能性です。Webサイトではさっそく海洋堂の“アッセンブルマイスター”大津敦哉氏による組み換えレシピが公開されており、スネのパーツをあっさりとひっくり返して使っていたりと、オリジナルデザインのキャラクターならではなの、何にでも見立てられ使える、楽しさの一端が垣間見られます。

 あと、スタンドもあったほうが便利かなと思って「魂STAGE Act.5 for Mechanics」(3個セット)を買ってきたのですが、付属の「ジョイント小」がアッセンブルボーグの背中などにあるリボ穴にぴったりでした。アクションフィギュアの世界では常識なのかもしれませんが……。

 

 

「アッセンブルボーグ∞NEXUS」誕生秘話

 海洋堂のニコ生・Ust番組「海洋堂でSHOW!?」では、第22回でアッセンブルボーグ特集が組まれ、主に「アッセンブルボーグ∞NEXUS」が誕生する経緯などが内藤泰弘氏、神宮寺訓之氏から語られています。詳しくは配信のアーカイブをどうぞ。

 新素体により刷新・リニューアルというイメージが強い今回の「アッセンブルボーグ∞NEXUS」シリーズですが、内藤氏によると、これまでのシリーズと地続きになっているイメージだったとのこと。以前のアッセンブルボーグでは、ラストランとして素体の最終生産の限定版が2012年9月に発売されましたが、2010年ごろには新素体の企画は具体的に動き始めていたようです。

 複雑なディテールが与えられている新素体「アッセンブルボーグ∞NEXUS」ですが、アッセンブルボーグの企画当初から、素体はシンプルなものでスタートして、やがてディテールにも拘ったものに移っていく、という大枠の方向を考えていたようです。この意味では当初から新素体の追加が考えられていたことになります。平行して新素体の方向性を考え続ける一方で、発売したアッセンブルボーグの遊ばれ方が想像を超えたものになり、「これでは足りない」といったように、新素体の内容に悩んでいるうちに時間が経過していった、ということでした。

 そうこうしているうちに、海洋堂の“アッセンブルマイスター”、大津敦哉氏が新素体のプロトタイプを製作。穴の数を増やした、大津氏なりのこだわりを反映したものになっていたようですが、内藤氏は、素体の形となって提示されたことで、良いところ、変えたいところといった具体的なイメージを膨らますことができ、企画を進める起爆剤になったと語っています。これは恐らく2010年頃とのことです。

 大津氏の素体のプロトタイプを受けて、主に腰部分を改修し人型に近づけるデザインを内藤氏が作り、そのデザインを反映させたプロトタイプ第2弾を大津氏が製作。その次には、合理性を追求し工業製品のようなアプローチだった大津氏のプロトタイプのデザインを、これまでのアッセンブルボーグと地続きになるよう、人体の形に近づける案を内藤氏が製作。そこから各部を煮詰めていくデザインが何十も製作されたとのことです。この間、山口勝久氏がアクション原型を担当し、“山口可動”とも呼ばれる人体の動きを可能にするニュアンスを加えながら、大津氏、内藤氏とやりとりを続け、最終的な形に仕上げていったということでした。

 また、「アッセンブルボーグ∞NEXUS」シリーズの第2弾としてアナウンスされている「アーモロイド AMR-7000NL」ですが、前述の大津氏の製作したプロトタイプ第2弾がベースとのこと。リボ穴、関節位置などはそのままに、神宮寺氏がキャラクター性を持たせたデザインを加えていったということです。これまでのアッセンブルボーグのように、素体がバリエーション展開で3種類発売される、という予想を裏切る意味でも、さらなる新素体として企画されたとのことで、人体・ヒーロー的アプローチのネクサスに対し、アーモロイドはブロック玩具のような魅力を引き出したとしています。内藤氏いわく、ネクサスがアクションフィギュアの側面を強くしている一方で、アーモロイドはより組み換えの需要に応えるものとのことで、何にでも見立てられるパーツで構成されたアーモロイドの“時間泥棒”具合はよりひどくなっているそうです。