ハリーズボトルケージ、ポディウムボトル

DSC_0720

 ボトルケージが必要なほど長距離を走っていなかったのですが、調度良い感じのヤツが発売されたので買ってみました。フレームと同じチネリの「ハリーズボトルケージ」で、ボトルはCAMELBAKの「ポディウムボトル」にしてみました。

 「ハリーズボトルケージ」はカーボン製で24gと軽量です。どちらかというとデザイン面を優先してますが、これまでのチネリのボトルケージはRAMシリーズなどのレーシーなデザインが多く、ピンとくるものがなかったものの、2013年のラインナップに現れたコレは妙な曲線は避けた無難系。恐竜の骨か、車のボンネットの裏側みたいな感じでしょうか。違うと思いますけど。分割されたロゴなどは私のフレームのデザインにも通じるものがあると思い、迷わず注文しました。まぁデザイン面で私のフレームと親和性があるかというと微妙かもしれませんが、少なくとも異物感・違和感は少ない、といったところでしょうか。後からよく見ると、ダウンチューブ側に付けたほうが映えるデザインみたいですが……。

 ボトルが挿入しやすいように上端は少し縁が広げてありますし、左右2分割の構造なので、斜めからボトルを入れてもカーボンの本体は程よく広がってくれます。ボトルケージとしては極めてまっとうな作りだと思います。

DSC_0714
DSC_0717

 
 ウォーターボトルもチネリ、といきたいところですが、オールチネリもちょっとなぁと、ここにきて妙に抵抗感があったので(笑)、機能面で注目のCAMELBAK「ポディウムボトル」を選びました。

 一般的なロードバイクのウォーターボトルはけっこう適当といいますか、表面のデザインやサイズ、保冷タイプといった違いがあるぐらいで、自転車関連アクセサリーとして技術革新から取り残されている感じが強いのですが、CAMELBAKは水補給装置の専門メーカーということで、ポディウムボトルはかなり真面目に取り組んでいるウォーターボトルです。

 一番の特徴はシリコン製の「ジェットバルブ」で、一般的なウォーターボトルのように先端バルブを開閉する必要ありません。飲む方法は、吸うか、ボトル本体を押して出すかの2種類。なので、そのまま逆さまにしても中身は出てきません。カバンの中に入れる時は、レバーでオフにすれば完全にバルブを閉じることもできますが、基本はオンで使います。

 ボトル本体が柔らかいと紹介されることも多く、フニャフニャの形状だったらケージに入れづらいのでは……と心配もしましたが、そんなことはなく、力を入れればへこむ、ぐらいのもので、柔らかいという印象はありません。一昔前の2リットルのペットボトルぐらいでしょうか? ベッコリとへこませようと思ったらかなり力がいります。

 普通のボトルは食器用洗剤のボトルに付いているバルブみたいな構造なので、前歯で咥えて引いたり押し戻したりするのですが、ものによっては固くて歯が痛かったり、閉まりきってるのか不安だったり、実際に閉まっていないと走行中に中身が出たりと、前時代的な構造であることは否めません。

 さて、ポディウムボトルを実際に軽いツーリングで使用してみたのですが、吸う動作で一度に飲める量はそれほど多くありません。これは、肺活量(?)や、ボトル本体の硬さなどが影響していると思います。ただ、がぶ飲みする必要がないのであれば、飲み過ぎを防ぐという意味でも、吸って飲める量がそれほど多くないことは逆に好ましく感じました。

 前述のように本体は一般的なボトルより幾分柔らかいので、押すことで中身を出して飲むこともできます。吸う動作に押す動作も加えれば、飲む料を多めに調整できますし、力を入れて押しこめば連続的に多くの量を飲めます。力の入れ方次第で勢いよく出すことも可能なので、バルブに口を付けなくても飲むことは可能ですが、出し終わりに中身が溢れることは必至なので水以外ではおすすめできません。

 もうひとつのポイントは、ボディに、特許取得済みという防臭加工を施している点です。適当なボトルだと、飲んだ際にボトル特有のプラスチックのような臭いがすることも多いですが、ポディウムボトルは臭いと雑菌の繁殖を抑える加工が施されており、実際にお茶を飲んでみても変な臭いは全く感じられませんでした。これも地味な点ですが、普通のボトルだと「自転車用ボトルで飲んでるな~」と臭いで思い知らされるので、そうした違和感が無くなるだけでも嬉しく感じました。

 通常のボトルよりバルブの構造は複雑ですが、バルブ部分は、ボトルに食器用洗剤と温水を入れて振った後、押して中身を出すことで洗浄できますし、バルブのシリコンカバーは取り外して手入れも可能です。

 前歯でバルブを開閉しなくていい、というだけでも個人的にはポイントが高いのですが、価格も普通のボトルと変わらないので、水分補給にもちょっとした利便性を求めたい人にはおすすめできると思います。

DSC_0723
DSC_0725

ABUS Millennioflex 896とカバーの自作

_DSC5173

 自転車での外出が増えそうだということで、すかさず強化したのがケーブルロックです。都市部が中心のこれまでのほうが必要性は高いでしょうという話ですが、今まで使っていたそれなりに太いワイヤーロックでは、感覚的なものとはいえ不安を感じ始めていたのは事実なので、いい機会とばかりに買い換えてみました。

 今までは乗っている間、ワイヤーロックをたすき掛けにしたり腰に巻いたりしていたので、長さはこれまでと同じ850mm以上が条件で、重さも1kgは切っていたいところ。もちろん頑強性は高いにこしたことはないですね。そこでABUS(アブス/アバス)で探したところ、価格も含めてバランスよく条件に合致していたのが「Millennioflex 896」でした。850mm、736gと長さや重さは想定内で問題なし。身に付ける場合は900mmや1000mmのほうが余裕があっていいのですが、重さも増えるので850mmでヨシとします。

 ABUSではレベル15を最高ランクとして、自社製品の破壊耐性などをランク付けしていますが、「Millennioflex 896」はレベル8。これ以上のレベルになると価格はもちろん、大きさ、重さがけっこうなことになってくるので、買う側がどこでバランスをとるかという問題になります。

 「Millennioflex 896」は基本の構成をチェーンではなくワイヤーとしながらも、太いワイヤーを「グネグネ動く蛇口」みたいな構造のスチールシェルで覆った2重構造の“アーマードケーブル”シリーズで、ワイヤーが露出していない構造になっています。Webサイトの説明によれば、のこぎり→シェルが動きを吸収、ワイヤーカッター→シェルが潰れて力を吸収と、種類の異なる攻撃に対しても耐性があるようです。ケーブルの外側は自転車を傷つけないようにPVCコーティングが施されています。

 25mmと極太のケーブルですが、前述のようにワイヤーを覆うスチールシェルが鱗的な構造のため、ロックを外せば真っ直ぐにできるほど全体としてクセは無く、柔軟性は高め。2重に丸めることも可能で、バッグに入れる際も便利です。柔軟性の高さは、入り組んだところにワイヤーロックを通す際にもありがたいですね。

 私は自転車側に取り付ける付属のホルダーは使いませんが、ワイヤーロックのヘッド部分はホルダー用のマウントが合体したデザインで、ワンボタンで取り外せて、見た目もスッキリとしています。

■ボンディングでカバーを自作

 内容には概ね満足していますが、私の使い方で少しだけ気になるのは表面のPVCコーティング。早い話、ラバーに覆われているのですが、体に巻きつける使い方だと無駄にグリップ力を発揮してずらしにくく、少しだけですが扱いにくい面もあります。

 そこで、極太のチェーンロックなどであるように、丈夫な生地のカバーで覆ってあれば、いい具合に滑って扱いやすくなるのでは、と考えたわけです。また、派手にするわけではないですが、ちょっとしたカスタマイズでもあります。一応、チェーンロック・ケーブルロックのカバーのみを売っている店もありますが、話を聞くと主流は1000mm前後ということで、サイズがすこし余りそうだったのと、内容を考えると別に自分でも作れるよね……と思い至り、手芸店に足を運びました。

 手芸店では、切り売りで長さを指定して帆布を買ってきました。購入した店は50cm単位の販売でしたが、例えばユザワヤだと10cm単位の販売なので、より無駄が少ないと思います。丈夫な帆布ですが11号だとそこそこ柔らかく、厚みもそれほどではないので扱いやすいですね。カビとか油汚れを考えるとナイロン系がベストでしょうが、まぁよく見かけるディテールに仕上げるのもつまらないので、見た目や質感を優先です(笑)。

 さて、簡単に自作などという結論に至った背景には、秘密のアイテムの存在があります。秘密というか知らなかっただけですが、ボンドの布専用接着剤「布上手」シリーズです。購入したものは水性ですが、接着後も洗濯・ドライクリーニングが可能で、ナイロン・ビニールにも使えるということで、全般的に対応できるヤツです。ま、要するにですね、縫わなくてもいいんですよ。

 義務教育で裁縫をして以来、縫うなどという行為はしていませんし、ミシンはもちろん裁縫道具も持っていないのですが、とある用事で手芸店を訪れて「ボンド 布上手」を見た時、ピンときました。手芸店の店内は外様感がすごく、肩身が狭い思いだったのですが、ボンドならこれは自分の領域ではないか? と(笑)。針と糸は無いが怪我をしそうな鉄定規とハサミならある。あとは縫う代わりにボンドで接着すれば、あんなことやこんなことも……。

 とまぁそんな感じでカバーの自作ですが、基本は縫製の考え方に則り、裁断した生地の端がほつれないように、まずは外側に露出する部分を折り返して接着します。その後、ワイヤーロックに巻きつけて生地同士を接着するだけです。ファスナーやベルクロで開閉可能にすれば、ケーブルに巻きつけながら作る必要がなく、平面で作業ができて楽ですが、そこまで考えていませんでした(笑)。その分、ダイレクトに装着しながら接着した今回のカバーは、ケーブル中央部分がかなりタイトになってまして、ブヨブヨした感じは抑えられています。

 キモになるボンド「布上手」の使い勝手ですが、使用したモデルは水性ということで速乾性はそこそこ高いのですが、いかんせん今が真冬ということや生地の特性もあってか、想定より乾燥・固着に時間がかかった印象です。ここは縫製と大きく異る部分で、一工程ごとに“乾燥待ち”の時間が必要です(笑)。本を読んだりアニメを2話ほど見たりとか、ながら作業でやるのがよろしいかと思われます。

 塗布する量については、経験が浅いこともあり最適解を見いだせていないのですが、接着剤の基本と言われる、なるべく薄く塗ったほうが良い、というアプローチは、もしかしたら完全には当てはまらないかもしれません。使用した「布上手」の接着剤自体はサラサラではなくゆるいゲル状なのですが、当然ながら生地に少し染みこむため(帆布では裏まで染み出すことはありません)、あまり塗布量が少なすぎると、十分な接着力を発揮できない可能性があると思われます。生地の織り目の構造や、接着面となる表面の凹凸構造も関係しているはずなので、話が複雑になるのですが。

 ただし、前述のように気温の低い部屋で乾燥まで時間がかかったので、ただ単に乾燥していなかっただけなのを接着力が弱いと勘違いしている可能性もあるので、やはり接着したい生地の余りで事前に塗布量などを確かめるのが最善の策となるでしょう。

 今回のケースでは多めに塗布し、重しを乗せて固定した上で乾燥に時間をかけたので問題なく接着されていますが、ところどころはみ出た接着剤がツヤのあるまま固まって見えているので、良くも悪くも手芸ではなく工作臭がしています(笑)。

_DSC5174

MKS RX-1

_DSF1212

 このブログが今のバージョンになってからは紹介していませんが、それまで5~6年乗ってきたクロスバイクからグレードアップする形で、2007年末ごろからロードバイクに乗ってまして、最初の1年ほどはホイールを変えるなどズガっと投資しました。が、その後は特にアップデートすることなくタイヤに空気を入れるぐらいで細々と乗り続けてきたのですが、私が買った当時よりもさらに身近なところでロードバイクにハマる人が増えてきた昨今ということもあり、ロングライドも視野に、ペダルを買い換えてみました。

 都内を軽快に移動したいという考えからクロスバイクを購入したのが、東京での私の自転車との付き合いの始まりでしたので、今のロードバイクも、その流れで順番にグレードアップしてたどり着いただけです。なので、基本的にロングライドへの指向が無く、(もったいないですが)ポタリングの延長で乗っているだけです。

 そんな理由から、ギヤやクランクなどのコンポーネントは最低限の品質を確保したグレードで、特に不満もない感じでやってきました。ホイールについては見た目への影響が大きいので、持ち腐れと分かりつつカッチョいいレースグレードのやつに後から交換したのですが、実際の走行感覚が桁違いに軽快になったのを実感してしまいました。レースだろうが都内を流そうが、ホイールが回転している時間全てにおいて等しく恩恵があるので、変えてみて笑いが止まらなかった部分です(笑)。5年たっても「このホイール軽いわぁ~」って実感しながら走れています。

 ペダルは前述のように使い勝手や訪問先で散歩することなどを考慮して、購入時にタイオガの小型のフラットペダルを装着し、ずっとそのままでした。ビンディングペダルは幾度と無く検討しましたが、ロードバイクに似合う組み合わせとなるとシューズもレーシーな専用のものになりますし、ビンディングシューズは靴底が曲がらないので降車すると普通に歩けないですから(MTB用は歩けると思いますが)、乗ること自体が目的でなく、行った先で散策したいケースが多い自分には適さないと考えてきました。

 しかし、そうはいっても昨今のロードバイクのブームですから、会社・プライベート問わず身近な人たちがロードバイクにハマり、ロングライドに出かけているのを見るにつれて影響されたのか、自分も遠方に目的地を定めて、カメラを携え出かけるケースも出てきたので、何かしらのアップデートが必要ではないかと考え始めました。そこで、購入時に最も適当に選んだパーツであるところのペダルを交換してみようとなったわけです。

 ビンディングペダル以外でペダルをロングライド向きにするとなると、トークリップとストラップの組み合わせです。これは比較的昔からある方式なので、今でもランドナーなどで見かけます。また、トークリップは競輪で使われているので、その流れでストリート系として流行しているトラックバイクでも使われ、パーツのバリエーションも増えて入手は比較的容易になっています。

 
■選んでみたのは
 三ヶ島製作所(ミカシマ/MKS)の「RX-1」です。ホンダのマークをひっくり返したような「H」型のアルミボディがカッコイイのです。樹脂製の安価なペダルでお世話になることも多いMKSのペダルですが、ハイエンドモデルは実際の競輪に使用できる「NJS」認定部品がいくつかラインナップされています。その「RX-1」は片面踏みペダルなのでトークリップの使用が前提で、トークリップは同じMKSの「トークリップスーパー アロイ(Mサイズ)」を選び、ストラップもMKSの「FIT-α SPIRITS」にしてみました。「RX-1」とトークリップはNJS認定部品なので、NJSのマークが刻印されています。

 トークリップはポリッシュな仕上げのスチールタイプがMKSのラインナップでは一般的のようで、ペダルのアルミボディも全面研磨仕上げなので、確かに組み合わせるとツヤツヤな一体感が出そうですが、自分のロードバイクのほうはクロモリフレームとかじゃないですから、足先だけピカピカのパーツなのは微妙かもと思い、艶のない梨地仕上げで、超々ジュラルミン75Sを使用してより軽量なアロイのほうを選びました。

 「RX-1」はシールドベアリングの動きが非常に軽く、トークリップを付けていない状態でも踏む面がクルンと下を向いてしまいます。ペダルのシャフトはペダルレンチやモンキーレンチで装着できる一般的なタイプですが、シャフトの先端には六角レンチ用の凹みが設けられており、タイオガのペダルのように六角レンチだけでも取り付けられました。トークリップには固定するネジのほかにナットも付いてきましたが、「RX-1」はペダルの内側にナットを装着する余裕が無いので、ナットは装着できません。もっとも、ペダル側の穴にはネジ山がしっかりと切ってあるので、実際上は問題ないようです。

_DSF1189
_DSF1199

 私の靴は25cm前後だと思いましたが、トークリップはMサイズでジャストサイズだったようで、親指の付け根がペダルの前端あたりにくるいつものポジションにスパっと決まりました。買う前に店頭で軽くあてがってシミュレーションしましたが。カジュアルライドが多いのでストラップの締め付けをどれぐらいにするかはもう少し試行錯誤しそうですが、しっかりめに締めるとホールド感はなかなか高く、速度が出ているとある種の安心感があります。住宅街の路地など、ゆるく流しながらも急ブレーキの可能性がある状況では、利き足でない方の足をトークリップから半分ずらしておくとか、これまでにないビンディングペダルばりの工夫は必要そうです。

 引き足を使う癖がまったく無いのでアレですが、意識して引き足に力を入れると、これまでにない「足がスムースな歯車になった感じ」が味わえました。今までなら足が前方に回る時だけ右、左、右、左と交互に力を入れてきたところが、右右右右右 同時に左左左左左みたいな(笑)、瞬断が無く休む暇の無い、インターレースではなくプログレッシブな感覚です。冷静に考えると、これまでの人生で慣れ親しんできた漕ぎ方とは異なる別のステージなので、筋力や体力消費は真剣に観察する必要がある気がしてきました。引き足をしっかり使えば前方の漕ぎ足の負担は減るはず? なので、そうしたムラの無さが歯車的な一体感につながっていると思いますが、引き足ってこれまで使わなかった筋肉のはずなので、自分の筋力でロングライドにどれぐらい影響してくるのかは未知数です。まぁ見た目は普通のフラットペダルよりかはこだわっている風になったので、ひとまずこれでヨシとしたいと思います。

_DSF1201
_DSF1207
_DSF1204

 せっかくなので自転車の現状の紹介も。完成車ではなくフレームセットからのオーダーで購入したものです。フレームは2007年のチネリ「アリアンテ」。カラー名称は「ブルーメタルプリンス」(カッチョいい!)。スカイブルーのようですが光線の加減で緑がかったりします。アリアンテはアルミ+カーボンフレームの最上位モデルですが、全体の中では「中の下」ぐらい。2008年にはカタログから消えるので、アリアンテとしてはこの2007年モデルが最後です。そのせいか、最終ロット付近ではフロントフォークの在庫が切れたらしく、当時のひとつ上のグレードでフルカーボンモデルである「マンマシーン」のフロントフォークにアリアンテの塗装が施されて出荷されました。このため、フロントはよりレーシーなイメージになっています。

 フレームセットとして付属するステムは「AXIS」だったと思いますが、これはオーダー時点で買い替えてグレードを上げ、アルミ削り出しの「グラフィス」にしています。グラフィスのステムはCNC加工ということもあり、素手で持つと少し痛いほどエッジの立った精密な仕上がりで、件のフロントフォークやホイールと合わせて、カジュアル路線のアリアンテのコンセプトからは逸脱した感じになっています。

 コンポは2007年のカンパニョーロ「ベローチェ」で、カンパの入門モデルです。ホイールは確か2008年に入って買い換えたカンパニョーロ「ユーラス」で、これは逆にアルミ・ミッドプロファイルのホイールとして上から2番目というハイグレードなレーシングホイールで、トップエンドの「シャマル ウルトラ」が当時は金色とか変な色しかなかったので(笑)、選択肢の中では最高級のホイールでした。コンポーネントは余裕のある時に買い換えてもいいかなとは思いますが、あまり不満も無いのでそのままになっています。